山口拓朗公式サイト

伝わる文章の書き方/アプローチ力を鍛えよう

Pocket

169.jpg
文章力が「ある人」と「ない人」の差は、
どこにあるのでしょうか?
答えのひとつが「アプローチ力」です。
たとえば、
今朝、珍しく散歩をしたとします。
この出来事をネタに、
「まったく異なる10個の記事が書ける!」
という方は、
「アプローチ力」がある方です。
逆に、
「ひとつかふたつの記事しか
 書けそうにない…」
という方は、
「アプローチ力」を磨く必要が
あるでしょう。
異なる10個の記事を書くには
出来事に対して、
さまざまなアプローチを
していかなければなりません。
●健康というアプローチ(歩くことで得られる健康面の効用とは?)
●習慣というアプローチ(ふだんはなぜ歩かないのか?)
●気持ちのアプローチ(なぜ今朝は歩こうと思ったのか?)
●感覚のアプローチ(歩いてみて、何を感じたか?)
●未来のアプローチ(歩いたことで、その日はどう変化したか?)
●仮定のアプローチ(もし散歩ではなく、○○をしていたらどうだったか?)
●肉体のアプローチ(歩くことで起きた肉体の変化は?)
●思考のアプローチ(歩きながら何を考えたか?)
●比喩のアプローチ(歩く行為は、ほかのどういう行為に似ているのか?)
●他者視点のアプローチ(この散歩について○○はどう思うだろうか?)
●街のアプローチ(歩いてみて街の様子はどうだったか?)
●哲学のアプローチ(そもそも歩くとはどういうことなのか?)
●社会のアプローチ(朝歩く人が増えると、世の中はどう変るか?)
●比較のアプローチ(歩くと走るとではどう違うのか?)
などなど。
↑大きいアプローチだけでも、
ざっとこれくらいは出せます。
さらに枝分かれさせていけば、
100個くらい出るかもしれません。
「文章力」を磨くには、
単に書くスキルだけではなく、
「思考力」を鍛える必要があります。
「思考力」が鍛えられると、
おのずと「アプローチ力」も
磨かれていくはずです。
もちろん、最終的に
どのアプローチで文章を書くかは、
<誰に、どんな目的で読ませたいのか?>
ということを考えながら、
書き手自身が決めなければなりません。
多種多様なアプローチから、
「これだ!」というひとつを選び取って
記事を書きましょう。
どんなことでも構いません。
何かひとつ出来事を挙げてください。
その出来事をネタに
いくつの記事が書けそうですか?
つまり、いくつのアプローチが
かけられそうですか?
文章力を鍛えるトレーニングになりますので、
ぜひ挑戦してみてくださいね☆
※・※・※・※・※・※・※・※・※・※・※・※・※・※・※
◎仕事・ブランディングにブログを活用しよう
投稿添削特典付き(21日間)の文章スクール
↓ ↓ ↓ ↓ ↓
山口拓朗ライティング塾

◎執筆、講演、取材の依頼はお気軽に
↓ ↓ ↓ ↓ ↓
お問い合わせ
★中学生にも分かる! 「ダメな文章」が「伝わる文章」に変わる!
【絶賛発売中】山口拓朗著
伝わる文章が「速く」「思い通り」に書ける 87の法則 』(明日香出版社)
★会話力・コミュニケーション力を高めたい方へ
【好評発売中】山口拓朗著
どんな人ともドギマギせずに会話がふくらむコツを集めました! 』(三笠書房)
★ベストセラーの電子書籍
【Kindle版】山口拓朗著
ダメな文章を達人の文章にする31の方法 〜なぜ、あなたの文章はわかりにくいのか?〜
★『ダメな文章を達人の文章にする31の方法』の続編
【Kindle版】山口拓朗著
文章が変わると人生が変わる!文章力アップ33の方法〜

記事はお役に立ちましたか?

以下のソーシャルボタンで共有してもらえると嬉しいです。

 ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓
Pocket