山口拓朗公式サイト

伝わる文章の書き方/20℃は暑い? 寒い?

Pocket

170.jpg
文章を書くとき、あるいは、
人と話をするときに、
自分の意見や感情を
押しつけてはいませんか?
昨日の気温は25℃。
今日の気温は20℃。
「今日は少し涼しいなあ」と
思う人は多いでしょう。
しかし、昨日の気温が15℃だったら、
どう思うでしょうか?
「今日は少し暑いなあ」と
思うのではないでしょうか。
つまり、20℃という気温は、
暑いとも寒いともいえないわけです。
比較する対象があれば、
「暑い」か「寒い」かを
論ずることはできます。
しかし、比較する対象がなければ、
20℃は、20℃でしかないわけです。
この理屈はあらゆる物事に
置き換えることができます。
嬉しい出来事。
悲しい出来事。
寂しい出来事。
楽しい出来事。
腹立たしい出来事。
それらは、
本当に嬉しいのでしょうか? 
悲しいのでしょうか? 
寂しいのでしょうか? 
楽しいのでしょうか? 
腹立たしいのでしょうか?
相対的には、
おそらく「YES」なのでしょう。
ですが、気温と同じく、事実は事実であり、
それ以上でもそれ以下でもありません。
その事実に意味付けをしているのは、
その人自身にほかならないのです。
文章を書くときや、話をするときに、
自分の意見や感情を表現することは大切です。
ただし、その意見や感情を
「この世の絶対」として押しつけようものなら、
読む人に(聴く人に)理解して
もらえないかもしれません。
場合によっては、反感を買うでしょう。
仕方ありません。
なぜなら、あなたと他人は、
事実に対する見方が違うからです。
あなたは25℃の世界から
来たのかもしれませんが、
他人は15℃の世界から
来たのかもしれないのです。
15℃の世界から来た人に対して、
25℃の世界から来たあなたが
「20℃は寒いよね?」と言ったところで、
理解してもらうのは難しいでしょう。
自分と他人とでは、見ている世界が違う——。
この理屈を知っているだけで、
表現の仕方、言葉の選び方が
変わってくるはずです。
文章であれ会話であれ、
他人が、より興味・共感を抱きやすい
伝え方ができるようになるはずです。
25℃の世界から来た人間が、
「20℃は寒い」という気持ちを
15℃の世界から来た人間に理解してもらうには、
どうしたらいいでしょうか? 
共感してもらうには、
どうしたらいいでしょうか?
そこを考えることで、
「伝える力」が鍛えられていきます。
※・※・※・※・※・※・※・※・※・※・※・※・※・※・※
◎仕事・ブランディングにブログを活用しよう
投稿添削特典付き(21日間)の文章スクール
↓ ↓ ↓ ↓ ↓
山口拓朗ライティング塾

◎執筆、講演、取材の依頼はお気軽に
↓ ↓ ↓ ↓ ↓
お問い合わせ
★中学生にも分かる! 「ダメな文章」が「伝わる文章」に変わる!
【絶賛発売中】山口拓朗著
伝わる文章が「速く」「思い通り」に書ける 87の法則 』(明日香出版社)
★会話力・コミュニケーション力を高めたい方へ
【好評発売中】山口拓朗著
どんな人ともドギマギせずに会話がふくらむコツを集めました! 』(三笠書房)
★ベストセラーの電子書籍
【Kindle版】山口拓朗著
ダメな文章を達人の文章にする31の方法 〜なぜ、あなたの文章はわかりにくいのか?〜
★『ダメな文章を達人の文章にする31の方法』の続編
【Kindle版】山口拓朗著
文章が変わると人生が変わる!文章力アップ33の方法〜

記事はお役に立ちましたか?

以下のソーシャルボタンで共有してもらえると嬉しいです。

 ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓
Pocket