山口拓朗公式サイト

伝わる文章の書き方/全体を書いた文章はつまらない?

Pocket

176.jpg
「今日のあなたの
 ファッションについて
 書いてください」
そう言われたとき、
あなたは、
どういう文章を書きますか?
読む人の興味を引く文章を
書くことができますか?
シャツは○○で、
ズボンは○○で、
コートは○○で、
靴は○○で、
……と書いてしまうと、
おそらく、読む人の興味を
引くことはできないでしょう。
では、興味を引く文章は、
どうすれば書けるのでしょう?
「ポイントを掘り下げて書く」
というのが、
ひとつの方法です。
たとえば、
今日、身につけているもののなかで、
思い入れの強いものがあれば、
なぜ「思い入れが強い」のか、
その理由を掘り下げて書く。
今日に限って
身につけたものがあれば、
なぜ「今日に限って」なのか、
その理由を掘り下げて書く。
それは今日の気温(気候/天気)
に合わせたのでしょうか?
あるいは、行く場所、会う人に
合わせたのでしょうか?
きっと理由があるはずです。
ふだんから
「色合い」にこだわっている、
「ブランド」にこだわっている、
「素材」にこだわっている、
「モノ(アクセサリー、帽子、マフラー等)」
にこだわっている、
「周囲に与えるイメージ」
にこだわっている
……そういう方であれば、
そこに「こだわる理由」を
掘り下げて書いてもいいでしょう。
私であれば、
トレードマークにしている
革ジャンやメガネについて、
「なぜそこにこだわるのか」
その理由を書くでしょう。
物事の全体を説明すると
ぼんやりとして
インパクトがなくなります。
読む人の印象に残りづらくなります。
一方、ひとつのポイントを
掘り下げて書くと、
印象に残りやすくなります。
テーマが絞られているので、
意識が入りやすくなるのです。
では、
「今日のあなたの
 ファッションについて
 書いてください」
という質問を
「今日の出来事について
 書いてください」
という質問に変えてみます。
あなたは、何を書きますか?
読む人の興味を引く
方法のひとつは、
「ポイントを掘り下げて書く」
です。
ブログやFacebookなど
ソーシャルメディアで
日記を書く際などにも、
この方法は有効です。
※・※・※・※・※・※・※・※・※・※・※・※・※・※・※
◎仕事・ブランディングにブログを活用しよう
投稿添削特典付き(21日間)の文章スクール
↓ ↓ ↓ ↓ ↓
山口拓朗ライティング塾

◎執筆、講演、取材の依頼はお気軽に
↓ ↓ ↓ ↓ ↓
お問い合わせ
★中学生にも分かる! 「ダメな文章」が「伝わる文章」に変わる!
【絶賛発売中】山口拓朗著
伝わる文章が「速く」「思い通り」に書ける 87の法則 』(明日香出版社)
★会話力・コミュニケーション力を高めたい方へ
【好評発売中】山口拓朗著
どんな人ともドギマギせずに会話がふくらむコツを集めました! 』(三笠書房)
★ベストセラーの電子書籍
【Kindle版】山口拓朗著
ダメな文章を達人の文章にする31の方法 〜なぜ、あなたの文章はわかりにくいのか?〜
★『ダメな文章を達人の文章にする31の方法』の続編
【Kindle版】山口拓朗著
文章が変わると人生が変わる!文章力アップ33の方法〜

記事はお役に立ちましたか?

以下のソーシャルボタンで共有してもらえると嬉しいです。

 ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓
Pocket