山口拓朗公式サイト

伝わる文章の書き方/文庫本ほどのカブトムシ?

Pocket

181.jpg
1:驚くほど大きなカブトムシ
2:キングサイズのカブトムシ
3:見たこともない大きさのカブトムシ
大きなカブトムシを見かけたとき、
1〜3のような方向性の表現で、
文章を書く方がいるかもしれません。
しかし、「驚くほど大きな」「キングサイズの」
「見たこともない大きさの」という言葉では、
読み手が具体的に大きさをイメージすることはできません。
では、次のような比喩(例え)を使った場合はどうでしょう?
「文庫本ほどの大きさのカブトムシ」
これであれば、カブトムシの大きさが
リアルにイメージできます。
しかも、「カブトムシ」と「文庫本」の
組み合わせに意外性があるために、
読み手の記憶にも残りやすくなります。
ひとつ注意したいのは、
すでに使い古されている比喩の使用です。
たとえば、「まぶしい笑顔」「天使のような美しさ」
「抜けるような青空」「カモシカのような足」「鮨詰め電車」など。
これらの表現は手垢がつきすぎていて、
読み手の心に刺さりません。
では、ひとつお題です——
かんかんと照りつける真夏の太陽。
あなたは、この太陽↑を言葉でどう表現しますか?
※・※・※・※・※・※・※・※・※・※・※・※・※・※・※
◎仕事・ブランディングにブログを活用しよう
投稿添削特典付き(21日間)の文章スクール
↓ ↓ ↓ ↓ ↓
山口拓朗ライティング塾

◎執筆、講演、取材の依頼はお気軽に
↓ ↓ ↓ ↓ ↓
お問い合わせ
★中学生にも分かる! 「ダメな文章」が「伝わる文章」に変わる!
【絶賛発売中】山口拓朗著
伝わる文章が「速く」「思い通り」に書ける 87の法則 』(明日香出版社)
★会話力・コミュニケーション力を高めたい方へ
【好評発売中】山口拓朗著
どんな人ともドギマギせずに会話がふくらむコツを集めました! 』(三笠書房)
★ベストセラーの電子書籍
【Kindle版】山口拓朗著
ダメな文章を達人の文章にする31の方法 〜なぜ、あなたの文章はわかりにくいのか?〜
★『ダメな文章を達人の文章にする31の方法』の続編
【Kindle版】山口拓朗著
文章が変わると人生が変わる!文章力アップ33の方法〜

記事はお役に立ちましたか?

以下のソーシャルボタンで共有してもらえると嬉しいです。

 ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓
Pocket