山口拓朗公式サイト

伝わる文章の書き方/要注意!「5H2W」の抜け落ち

Pocket

211.jpg
写真は、とあるマンションの
エントランスに
張られていた張り紙です。
張り紙を張ったのは、
マンションの管理会社です。
張り紙というのは、
何か情報を伝える
ためのものです。
この張り紙は、
いったい誰に対して、
何を伝えたかったのでしょう?
「御協力をお願い申し上げます」
とありますので、
おそらく、何かのお願いなのでしょう。
では、その「お願い」とは、
具体的に何だったのでしょうか。
「やんわり」と言おうとした気持ちは、
分からなくはありません。
しかし、これでは、
肝心なことが伝わりません。
誰に(Who)、
どこで(Where)、
どういう理由で(Why)
何を(What)
させようとしているのでしょうか?
5W2Hが大切なのは、
ビジネスパーソンだけではありません。
Who:誰が
What:何を
When:いつ
Where:どこで
Why:なぜ(どんな目的で)
How:どうやって
How Much:いくらで
あなたが伝えようとしている情報から
大切な「5H2W」は、
抜け落ちていませんか?
※・※・※・※・※・※・※・※・※・※・※・※・※・※・※
◎仕事・ブランディングにブログを活用しよう
投稿添削特典付き(21日間)の文章スクール
↓ ↓ ↓ ↓ ↓
山口拓朗ライティング塾

◎執筆、講演、取材の依頼はお気軽に
↓ ↓ ↓ ↓ ↓
お問い合わせ
★中学生にも分かる! 「ダメな文章」が「伝わる文章」に変わる!
【絶賛発売中】山口拓朗著
伝わる文章が「速く」「思い通り」に書ける 87の法則 』(明日香出版社)
★会話力・コミュニケーション力を高めたい方へ
【好評発売中】山口拓朗著
どんな人ともドギマギせずに会話がふくらむコツを集めました! 』(三笠書房)
★ベストセラーの電子書籍
【Kindle版】山口拓朗著
ダメな文章を達人の文章にする31の方法 〜なぜ、あなたの文章はわかりにくいのか?〜
★『ダメな文章を達人の文章にする31の方法』の続編
【Kindle版】山口拓朗著
文章が変わると人生が変わる!文章力アップ33の方法〜

記事はお役に立ちましたか?

以下のソーシャルボタンで共有してもらえると嬉しいです。

 ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓
Pocket