山口拓朗公式サイト

伝わる文章の書き方/文章を書くことで見えてくるのは「自分自身」です

Pocket

216.jpg
もしこの世の中に、
自分以外の人がいなかったら、
人は「自分が何者なのか」さえ、
わからないでしょう。
他人がいるから、
自分が何者かがわかるのです。
文章にも同じ役割があります。
つまり、「自分が何者なのか」
を見せてくれる、ということ。
鏡のような役割です。
書くということは、
ぼんやりとしている意識に
形を与えることにほかなりません。
美術館で、ある1枚の絵を見ていたら、
自然と涙がこぼれ落ちて来た…。
そんな体験があったとします。
なぜ涙がこぼれ落ちたのか?
そのままにしておけば、
その答えは一生わからないかもしれません。
しかし、絵を見て感じたことを
文章にしてみると、
ぼんやりとしていた自分の意識が
少しずつ見えてくるはずです。
あ、この絵のここに惹かれたのか、
あ、自分にはこんな感情があったのか、
あ、自分にはこんな想いがあったのか、
あ、自分はこんなことで悩んでいたのか、
あ、自分はこんなことが好きなのか、
——自分が何者なのかが、
文章を書くことで
浮かび上がってくるのです。
日々進化する自分を知ることに
終わりはありません。
だから、文章を書くことは
たまらなく刺激的なのです。
もちろん、自分を知る作業ですので、
ときには辛いと感じることもあるでしょう。
思わず目を背けたい自分と
出会うこともあるかもしれません。
しかし、それでさえ
文章を書くことの醍醐味です。
書くことで自分を知り、
自分を知ったうえで世の中を見る。
そういうプロセスを経てでしか、
見えてこない世界もあるはずです。
※・※・※・※・※・※・※・※・※・※・※・※・※・※・※
◎仕事・ブランディングにブログを活用しよう
投稿添削特典付き(21日間)の文章スクール
↓ ↓ ↓ ↓ ↓
山口拓朗ライティング塾

◎執筆、講演、取材の依頼はお気軽に
↓ ↓ ↓ ↓ ↓
お問い合わせ
★中学生にも分かる! 「ダメな文章」が「伝わる文章」に変わる!
【絶賛発売中】山口拓朗著
伝わる文章が「速く」「思い通り」に書ける 87の法則 』(明日香出版社)
★会話力・コミュニケーション力を高めたい方へ
【好評発売中】山口拓朗著
どんな人ともドギマギせずに会話がふくらむコツを集めました! 』(三笠書房)
★ベストセラーの電子書籍
【Kindle版】山口拓朗著
ダメな文章を達人の文章にする31の方法 〜なぜ、あなたの文章はわかりにくいのか?〜
★『ダメな文章を達人の文章にする31の方法』の続編
【Kindle版】山口拓朗著
文章が変わると人生が変わる!文章力アップ33の方法〜

記事はお役に立ちましたか?

以下のソーシャルボタンで共有してもらえると嬉しいです。

 ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓
Pocket