山口拓朗公式サイト

伝わる文章の書き方/二重表現にご注意!

Pocket

225.jpg
二重表現、けっこう使っていませんか?
■一番最初/一番最後
■最後の切り札 
■まず最初に 
■尽力を尽くす 
■雪辱を晴らす(正:雪辱する/雪辱を果たす) 
■はっきり断言 
■内定が決まる 
■捺印を押す 
■初デビュー 
■断トツの1位(「断トツ」は断然トップ=1位の略) 
■今の現状 
■上を見上げる 
■不快感を感じる 
■思いがけないハプニング 
■返事を返す 
■元旦の朝(「元旦」は1月1日の朝のこと) 
■挙式を挙げる
■あとで後悔する 
■余分な贅肉 
■過半数を超える(正:過半数に達する) 
■満天の星空 
■まだ未解決/まだ未定/まだ未完成 
■炎天下の下
一方、二重表現のなかでも、
使われていてもおかしくない、
つまり、容認されているものもあります。
■犯罪を犯す 
■被害を被る(正:被害を受ける) 
■歌を歌う
■踊りを踊る
■遺産を遺す 
■選挙戦を戦う 
■存亡の危機(正:存亡の機)
二重表現は、
「慣れ」で使ってしまう
ケースがほとんどです。
使用を防ぐためには、
使われがちなものを
知っておくことが大切です。
※・※・※・※・※・※・※・※・※・※・※・※・※・※・※
◎仕事・ブランディングにブログを活用しよう
投稿添削特典付き(21日間)の文章スクール
↓ ↓ ↓ ↓ ↓
山口拓朗ライティング塾

◎執筆、講演、取材の依頼はお気軽に
↓ ↓ ↓ ↓ ↓
お問い合わせ
★中学生にも分かる! 「ダメな文章」が「伝わる文章」に変わる!
【絶賛発売中】山口拓朗著
伝わる文章が「速く」「思い通り」に書ける 87の法則 』(明日香出版社)
★会話力・コミュニケーション力を高めたい方へ
【好評発売中】山口拓朗著
どんな人ともドギマギせずに会話がふくらむコツを集めました! 』(三笠書房)
★ベストセラーの電子書籍
【Kindle版】山口拓朗著
ダメな文章を達人の文章にする31の方法 〜なぜ、あなたの文章はわかりにくいのか?〜
★『ダメな文章を達人の文章にする31の方法』の続編
【Kindle版】山口拓朗著
文章が変わると人生が変わる!文章力アップ33の方法〜

記事はお役に立ちましたか?

以下のソーシャルボタンで共有してもらえると嬉しいです。

 ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓
Pocket