山口拓朗公式サイト

伝わる文章の書き方/文章の質は書く前に決まる!

Pocket

233.jpg
文章を書く際、
事前に情報収集をしていますか?
文章を書くうえで、
情報収集は大変重要です。
収集した情報量と文章の質は
無関係ではありません。
収集する情報には、
大きく2種類あります。
◎主観的な情報
 ■自分の体験
 ■(体験に基づく)感想
 ■(体験に基づく)意見
◎客観的な情報
 ■本、雑誌、インターネット等で調べる
 ■現地で調べる
 ■人から話を聞く
たとえば、
ハワイの〇〇バーガーの
魅力を伝えたいときは、
どのような情報を
収集すればいいでしょうか?
もっとも有効な情報は、
書き手自身の体験です。
「ハワイの〇〇バーガーは、
 バーベキューソースと相性満点のパティが、
 とてもジューシーでした!」
このように、
自分の体験を書くことによって、
読む人に、そのおいしさが、
ダイレクトに伝わります。
(読む人は、よだれが「ダラっ」と出るでしょう)
主観的な情報を書くためには、
自分の心情(喜怒哀楽)や感覚(五感)を
よく観察する必要があります。
内省することが、
ひとつの情報収集なのです。
一方、主観的な情報にあわせて、
この◯◯バーガーが、
「現地ハワイ人が選ぶ人気バーガーNO.1に
 5年連続で輝いている」という情報や、
「パティには、ハワイ島の△△牧場で育った
 ナチュラルビーフを使用している」
という情報まで盛り込めたら、
より一層、情報の有益性がアップします。
(読む人は、よだれが「ダラダラっ」と出るでしょう)
客観的な情報については、
とにかく調べるしかありません。
逆に、客観的な情報しか
もっていない場合は、
いちど自分で体験(経験)をして、
主観的な情報を手に入れましょう。
「主観的情報」にしろ、
「客観的情報」にしろ、
情報を収集する作業は、
手間以外の何ものでもありません。
しかし、その手間を
かけるか惜しむかで、
文章の質は決まります。
※・※・※・※・※・※・※・※・※・※・※・※・※・※・※
◎仕事・ブランディングにブログを活用しよう
投稿添削特典付き(21日間)の文章スクール
↓ ↓ ↓ ↓ ↓
山口拓朗ライティング塾

◎執筆、講演、取材の依頼はお気軽に
↓ ↓ ↓ ↓ ↓
お問い合わせ
★中学生にも分かる! 「ダメな文章」が「伝わる文章」に変わる!
【絶賛発売中】山口拓朗著
伝わる文章が「速く」「思い通り」に書ける 87の法則 』(明日香出版社)
★会話力・コミュニケーション力を高めたい方へ
【好評発売中】山口拓朗著
どんな人ともドギマギせずに会話がふくらむコツを集めました! 』(三笠書房)
★ベストセラーの電子書籍
【Kindle版】山口拓朗著
ダメな文章を達人の文章にする31の方法 〜なぜ、あなたの文章はわかりにくいのか?〜
★『ダメな文章を達人の文章にする31の方法』の続編
【Kindle版】山口拓朗著
文章が変わると人生が変わる!文章力アップ33の方法〜

記事はお役に立ちましたか?

以下のソーシャルボタンで共有してもらえると嬉しいです。

 ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓
Pocket