山口拓朗公式サイト

伝わる文章の書き方/結果+理由の呼応表現の使い方

Pocket

235.jpg
「結果+理由(原因)」の文章には、
「〜したのは、~(だ)から」
という呼応表現があります。
【例文1】
試験に合格したのは、勉強を頑張ったのだ。
【例文1の修正】
試験に合格したのは、勉強を頑張ったからだ。
【例文2】 
レースを棄権したのは、ひざ痛が悪化したのです。
【例文2の修正】 
レースを棄権したのは、ひざ痛が悪化したからです。
【例文3】 
上司に口答えをしたのは、納得できなかったのだ。
【例文3の修正】 
上司に口答えをしたのは、納得できなかったからだ。
構成はそれぞれ
以下の通りです。
「結果(合格した)+理由(勉強を頑張った)」
「結果(棄権した)+理由(ひざ痛が悪化した)」
「結果(口答えした)+理由(納得できなかった)」
なお、この呼応表現は
「なぜなら、〜(だ)から」
でも言い換えられます。
■試験に合格した。なぜなら、勉強を頑張ったからだ。
■レースを棄権しました。なぜなら、ひざ痛が悪化したからです。
■上司に口答えをした。なぜなら、納得できなかったからだ。
結果を示してから、
理由を説明する呼応表現には、
以下のふたつがあると覚えておきましょう。
「〜したのは、~(だ)から」
「なぜなら、〜(だ)から」
呼応表現は正しく使いましょう。
※・※・※・※・※・※・※・※・※・※・※・※・※・※・※
◎仕事・ブランディングにブログを活用しよう
投稿添削特典付き(21日間)の文章スクール
↓ ↓ ↓ ↓ ↓
山口拓朗ライティング塾

◎執筆、講演、取材の依頼はお気軽に
↓ ↓ ↓ ↓ ↓
お問い合わせ
★中学生にも分かる! 「ダメな文章」が「伝わる文章」に変わる!
【絶賛発売中】山口拓朗著
伝わる文章が「速く」「思い通り」に書ける 87の法則 』(明日香出版社)
★会話力・コミュニケーション力を高めたい方へ
【好評発売中】山口拓朗著
どんな人ともドギマギせずに会話がふくらむコツを集めました! 』(三笠書房)
★ベストセラーの電子書籍
【Kindle版】山口拓朗著
ダメな文章を達人の文章にする31の方法 〜なぜ、あなたの文章はわかりにくいのか?〜
★『ダメな文章を達人の文章にする31の方法』の続編
【Kindle版】山口拓朗著
文章が変わると人生が変わる!文章力アップ33の方法〜

記事はお役に立ちましたか?

以下のソーシャルボタンで共有してもらえると嬉しいです。

 ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓
Pocket