山口拓朗公式サイト

伝わる文章の書き方/流行語大賞にみるキャッチコピー力

Pocket

240.jpg
「強い言葉」を使いたいときは、
言葉の長さに気をつけましょう。
ポイントは「短くする」です。
この20年間の新語・流行語大賞の
受賞語を見てみましょう。
Jリーグ
すったもんだがありました
イチロー(効果)
同情するならカネをくれ
無党派
NOMO
がんばろうKOBE
自分で自分をほめたい
友愛/排除の論理
メークドラマ
失楽園(する)
ハマの大魔神
だっちゅーの
ブッチホン
リベンジ
雑草魂
おっはー
IT革命
小泉語録
タマちゃん
W杯
毒まんじゅう
なんでだろ〜
マニフェスト
チョー気持ちいい
小泉劇場
想定内(外)
イナバウアー
品格
どげんかせんといかん
ハニカミ王子
グ〜!
アラフォー
政権交代
ゲゲゲの〜
なでしこジャパン
ワイルドだろぉ
37の言葉のうち
10文字を超えたのは
わずか3つしかありません。
一方、5文字以内のものは、
半分以上の19個もありました。
わずか5文字。
5文字あれば、
インパクトのある
強い言葉は作れる、
ということです。
2013年のノミネート語を見ても、
今でしょ
倍返し
じぇじぇじぇ
あまロス
お・も・て・な・し
アベノミクス
など、短めの言葉が並んでいます。
短い言葉には
◎インパクトが出る
◎分かりやすい
◎記憶に定着しやすい
◎口にしやすい
◎人に伝えやすい
などの特徴があります。
強い言葉を使いたいときには、
言葉をふくらませる努力よりも、
言葉を削ぎ落とす努力が必要なのです。
短く言い切る。
これも文章力・コピー力のひとつです。
※・※・※・※・※・※・※・※・※・※・※・※・※・※・※
◎仕事・ブランディングにブログを活用しよう
投稿添削特典付き(21日間)の文章スクール
↓ ↓ ↓ ↓ ↓
山口拓朗ライティング塾

◎執筆、講演、取材の依頼はお気軽に
↓ ↓ ↓ ↓ ↓
お問い合わせ
★中学生にも分かる! 「ダメな文章」が「伝わる文章」に変わる!
【絶賛発売中】山口拓朗著
伝わる文章が「速く」「思い通り」に書ける 87の法則 』(明日香出版社)
★会話力・コミュニケーション力を高めたい方へ
【好評発売中】山口拓朗著
どんな人ともドギマギせずに会話がふくらむコツを集めました! 』(三笠書房)
★ベストセラーの電子書籍
【Kindle版】山口拓朗著
ダメな文章を達人の文章にする31の方法 〜なぜ、あなたの文章はわかりにくいのか?〜
★『ダメな文章を達人の文章にする31の方法』の続編
【Kindle版】山口拓朗著
文章が変わると人生が変わる!文章力アップ33の方法〜

記事はお役に立ちましたか?

以下のソーシャルボタンで共有してもらえると嬉しいです。

 ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓
Pocket