山口拓朗公式サイト

伝わる文章の書き方/「てにをは」の省略に注意

Pocket

243.jpg
「てにをは」などの助詞は、
省略しても、意味が通じるケースがあります。
こと会話においては、
「お湯、沸いているよ」という具合に、
むしろ、助詞を省略したほうが、
スムーズなときもあります。
気心の知れた相手とのメールでも
助詞の省略は許容範囲でしょう。
一方で、
きちんとした文章を
書かなくてはいけないときは、
安易な助詞の省略に注意しましょう。
<例文1>
毎年、12月1日になるたび、
父のことを思い出す。
<例文1の修正>
毎年、12月1日になるたびに、
父のことを思い出す。
<例文2>
志望校に合格するため、
1日10時間も勉強しています。
<例文2の修正>
志望校に合格するために、
1日10時間も勉強しています。
<例文3>
お肉大好きな息子のさとし。
<例文3の修正>
お肉が大好きな息子のさとし。
<例文4>
企画書出してください。
<例文4の修正>
企画書を出してください。
<例文5>
今のうちしかできないことがある!
<例文5の修正>
今のうちにしかできないことがある!
会話ではOKでも、文章にするとNG。
そういうものは、少なくありません。
文章で助詞を省略しがちな方は、
意識して補いましょう。
※・※・※・※・※・※・※・※・※・※・※・※・※・※・※
◎仕事・ブランディングにブログを活用しよう
投稿添削特典付き(21日間)の文章スクール
↓ ↓ ↓ ↓ ↓
山口拓朗ライティング塾

◎執筆、講演、取材の依頼はお気軽に
↓ ↓ ↓ ↓ ↓
お問い合わせ
★中学生にも分かる! 「ダメな文章」が「伝わる文章」に変わる!
【絶賛発売中】山口拓朗著
伝わる文章が「速く」「思い通り」に書ける 87の法則 』(明日香出版社)
★会話力・コミュニケーション力を高めたい方へ
【好評発売中】山口拓朗著
どんな人ともドギマギせずに会話がふくらむコツを集めました! 』(三笠書房)
★ベストセラーの電子書籍
【Kindle版】山口拓朗著
ダメな文章を達人の文章にする31の方法 〜なぜ、あなたの文章はわかりにくいのか?〜
★『ダメな文章を達人の文章にする31の方法』の続編
【Kindle版】山口拓朗著
文章が変わると人生が変わる!文章力アップ33の方法〜

記事はお役に立ちましたか?

以下のソーシャルボタンで共有してもらえると嬉しいです。

 ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓
Pocket