山口拓朗公式サイト

伝わる文章の書き方/抽象的な副詞→具体的な言葉に置き換えよう!

Pocket

1888469_659708577408719_1721560702_n.jpg
あまり、けっこう、ずいぶん、すごく、少し
ずっと、だいぶ、なかなか、ひどく、もっと
やけに、すぐに、ひじょうに、いつも……などなど。
こうした副詞は、
文章を作るうえで、
とても便利です。
ただし、具体性が求められる文章で
副詞を多用すると、
読む人に伝わりにくくなります。
<例文1>
少しお時間をいただけませんでしょうか。
<例文1の修正>
3日ほどお時間をいただけませんでしょうか。
<例文2>
しばらく様子を見てください。
<例文2の修正>
来週の月曜日まで様子を見てください。
<例文3>
雪がすごく積もっていた。
<例文3の修正>
雪がひざ下あたりまで積もっていた。
相手に確実に情報を
届ける必要があるときは、
安易に副詞を使わずに、
できる限り具体的な
数字や言葉で書くようにしましょう。
※・※・※・※・※・※・※・※・※・※・※・※・※・※・※
◎仕事・ブランディングにブログを活用しよう
投稿添削特典付き(21日間)の文章スクール
↓ ↓ ↓ ↓ ↓
山口拓朗ライティング塾

◎執筆、講演、取材の依頼はお気軽に
↓ ↓ ↓ ↓ ↓
お問い合わせ
★セールス文から企画書作りまで。社会人必須の“売る”文章術!
【絶賛発売中】山口拓朗著
買わせる文章が「誰でも」「思い通り」に書ける101の法則』(明日香出版社)
★中学生にも分かる! 「ダメな文章」が「伝わる文章」に変わる!
【絶賛発売中】山口拓朗著
伝わる文章が「速く」「思い通り」に書ける 87の法則 』(明日香出版社)
★会話力・コミュニケーション力を高めたい方へ
【好評発売中】山口拓朗著
どんな人ともドギマギせずに会話がふくらむコツを集めました! 』(三笠書房)
★ベストセラーの電子書籍
【Kindle版】山口拓朗著
ダメな文章を達人の文章にする31の方法 〜なぜ、あなたの文章はわかりにくいのか?〜
★『ダメな文章を達人の文章にする31の方法』の続編
【Kindle版】山口拓朗著
文章が変わると人生が変わる!文章力アップ33の方法〜

記事はお役に立ちましたか?

以下のソーシャルボタンで共有してもらえると嬉しいです。

 ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓
Pocket