山口拓朗公式サイト

伝わる文章の書き方/物事のあらゆる面に光を当てよう

Pocket

267.jpg
さまざまな角度から物事を見る能力。
この能力が磨かれると、読者を「あっ」と言わせるエッジの利いた文章が書けるようになります。
たとえば、増税について。
増税に対する批判や愚痴を書くことは、そう難しくないでしょう。
では、増税のメリットを書いてみてください。
どうせなら——増税を絶賛してみてください。
書けそうでしょうか?
物事は決して一面ではありません。
さまざまな面があります。
「いやいや、何をバカなことを。増税なんて百害あって一利なしでしょう」と言う人がいたとしたら、それは、増税に対して、その人が「百害あって一利なし」の色をつけているに過ぎません。
「増税=悪」というモノサシでしか物事を見ようとしていない証拠です。
「決めつけ」とも言えますし、「思い込み」とも言えます。
物事の一面しか見えていないと、文章を書こうにも、切り口が限られてしまいます。
逆に、見える面が多ければ多いほど「切り口」の引き出しは増えます。
つまり、エッジの利いた文章を書ける確率が高まるのです。
体罰はよくないことですか?
宝くじに当たるのはいいことですか?
風邪を引くのはよくないことですか?
志望校に合格するのは喜ばしいことですか?
選挙に行かない人は社会人失格ですか?
——大事なのは、簡単にイエス・ノーを出さずに、まずは、あらゆる面に光を当ててみることです。
さまざまな角度から物事を見ることです。
光を当てたうえで、どんな切り口で書けばいいか、書き手自身が決めればいいのです。
※・※・※・※・※・※・※・※・※・※・※・※・※・※・※
◎仕事・ブランディングにブログを活用しよう
投稿添削特典付き(21日間)の文章スクール
↓ ↓ ↓ ↓ ↓
山口拓朗ライティング塾

◎執筆、講演、取材の依頼はお気軽に
↓ ↓ ↓ ↓ ↓
お問い合わせ
★セールス文から企画書作りまで。社会人必須の“売る”文章術!
【絶賛発売中】山口拓朗著
買わせる文章が「誰でも」「思い通り」に書ける101の法則』(明日香出版社)
★中学生にも分かる! 「ダメな文章」が「伝わる文章」に変わる!
【絶賛発売中】山口拓朗著
伝わる文章が「速く」「思い通り」に書ける 87の法則 』(明日香出版社)
★会話力・コミュニケーション力を高めたい方へ
【好評発売中】山口拓朗著
どんな人ともドギマギせずに会話がふくらむコツを集めました! 』(三笠書房)
★ベストセラーの電子書籍
【Kindle版】山口拓朗著
ダメな文章を達人の文章にする31の方法 〜なぜ、あなたの文章はわかりにくいのか?〜
★『ダメな文章を達人の文章にする31の方法』の続編
【Kindle版】山口拓朗著
文章が変わると人生が変わる!文章力アップ33の方法〜

記事はお役に立ちましたか?

以下のソーシャルボタンで共有してもらえると嬉しいです。

 ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓
Pocket