山口拓朗公式サイト

伝わる文章の書き方/感嘆詞(感動詞)で表現力アップ!

Pocket

290.jpg
感嘆詞(感動詞)には、読む人の興味をかきたてる力があります。
感嘆詞とは、感動、呼びかけ、かけ声、レスポンスなどを表したもので、それ単独で文になる言葉のことです。(主語にも述語にもなりません)
■えーっ、◯◯がたった200円?
■うぎゃー、また失敗した!
■おいおい、それがオチかよ!
■うむむ、痛いところを突かれた…
■なんと、◯◯が再上映されることに!
■なぬー、また一本取られた
■ひぇえー、まさか合格するとは〜
■えいっ! 目をつぶったままボールを蹴飛ばした
↑それぞれ、冒頭に用いた言葉が感嘆詞です。
感嘆詞を使うと、文章にリズムや躍動感が出ます。
また、言葉が「無機質」から「有機質」へ。「冷たい」から「あたたかい」へと変化して、読む人に興味を持たれやすくなります。
仕事で使う文章では、あまり使えないかもしれません。
一方で、友達や身内へのメールや、facebookやブログの投稿記事など、気軽に書ける個人的な文章であればいろいろと使い道があるはずです。
これまで感嘆詞をあまり使ってこなかった人であれば、感嘆詞を使うことによって、文章表現力の幅がグンと広がるはずです。
※・※・※・※・※・※・※・※・※・※・※・※・※・※・※
◎仕事・ブランディングにブログを活用しよう
投稿添削特典付き(14日間)の文章スクール
↓ ↓ ↓ ↓ ↓
山口拓朗ライティング塾

◎執筆、講演、研修、取材の依頼はお気軽に
↓ ↓ ↓ ↓ ↓
お問い合わせ
★セールス文から企画書作りまで。社会人必須の“売る”文章術!
【絶賛発売中】山口拓朗著
買わせる文章が「誰でも」「思い通り」に書ける101の法則』(明日香出版社)
★中学生にも分かる! 「ダメな文章」が「伝わる文章」に変わる!
【絶賛発売中】山口拓朗著
伝わる文章が「速く」「思い通り」に書ける 87の法則 』(明日香出版社)
★会話力・コミュニケーション力を高めたい方へ
【好評発売中】山口拓朗著
どんな人ともドギマギせずに会話がふくらむコツを集めました! 』(三笠書房)
★ベストセラーの電子書籍
【Kindle版】山口拓朗著
ダメな文章を達人の文章にする31の方法 〜なぜ、あなたの文章はわかりにくいのか?〜
★『ダメな文章を達人の文章にする31の方法』の続編
【Kindle版】山口拓朗著
文章が変わると人生が変わる!文章力アップ33の方法〜

記事はお役に立ちましたか?

以下のソーシャルボタンで共有してもらえると嬉しいです。

 ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓
Pocket