山口拓朗公式サイト

伝わる文章の書き方/似た音は並べない!

Pocket

294.jpg
文章を書くときは、あまり近い位置に、「同じ音」を置かないようにしましょう。
文章がうるさく感じられるからです。
<例文1>
この公園で、ボールで遊ばないようにしましょう。
「公園で、ボールで」と「で」が連続するのがうるさく感じられます。
<例文1の修正>
この公園では、ボールで遊ばないようにしましょう。
※・※・※・※・※
<例文2>
今回のパーティでは、都内では人気の会場を使います。
「パーティでは、都内では」と「では」が連続するのが、うるさく感じられます。
<例文2の修正>
今回のパーティでは、都内で人気の会場を使います。
あるいは、
今回のパーティは、都内で人気の会場を使います。
※・※・※・※・※
<例文3>
だいこんサラダは、ドレッシングは、和風が理想です。
「サラダは、ドレッシングは」と「は」が連続するのが、うるさく感じられます。
<例文3の修正>
だいこんサラダのドレッシングは、和風が理想です。
あるいは、
だいこんサラダの場合、ドレッシングは和風が理想です。
※・※・※・※・※
<例文4>
A店は今日はお休みかもしれない。その場合、延期したほうがいいかもしれない。
「~かもしれない、~かもしれない」と「かもしれない」が連続するのが、うるさく感じられます。
<例文4の修正>
A店は今日はお休みかもしれない。その場合、延期したほうがいいだろう。
※・※・※・※・※
とくに多いのが、助詞(俗に言う「てにをは」)のくり返しと語尾のくり返しです。
「同じ音」のくり返しは、書いているときには気づきにくいものです。
読み返したときに、ケアできるようにしておきましょう。
※・※・※・※・※・※・※・※・※・※・※・※・※・※・※
◎執筆、講演、研修、取材の依頼はお気軽に
↓ ↓ ↓ ↓ ↓
お問い合わせ
★セールス文から企画書作りまで。社会人必須の“売る”文章術!
【絶賛発売中】山口拓朗著
買わせる文章が「誰でも」「思い通り」に書ける101の法則』(明日香出版社)
★中学生にも分かる! 「ダメな文章」が「伝わる文章」に変わる!
【絶賛発売中】山口拓朗著
伝わる文章が「速く」「思い通り」に書ける 87の法則 』(明日香出版社)
★会話力・コミュニケーション力を高めたい方へ
【好評発売中】山口拓朗著
どんな人ともドギマギせずに会話がふくらむコツを集めました! 』(三笠書房)
★ベストセラーの電子書籍
【Kindle版】山口拓朗著
ダメな文章を達人の文章にする31の方法 〜なぜ、あなたの文章はわかりにくいのか?〜
★『ダメな文章を達人の文章にする31の方法』の続編
【Kindle版】山口拓朗著
文章が変わると人生が変わる!文章力アップ33の方法〜

記事はお役に立ちましたか?

以下のソーシャルボタンで共有してもらえると嬉しいです。

 ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓
Pocket