山口拓朗公式サイト

伝わる文章の書き方/役者と売る文章の共通点とは?

Pocket

299.jpg
わたしは役者ではありません(えっ、知ってますって?)。
ただし、優れた役者と平凡な役者。両者の違いは、なんとなく分かります。
優れた役者は、その役の背景にあるもの、つまり、物語と直接的には関係のない部分まで徹底的にリサーチしている。
違いますか?
違わないと思います。
生い立ちはもちろん、その人がこれまでしてきた経験や体験、好き嫌い、趣味や特技、長短所、価値観、死生観、哲学、健康状態、抱えているトラウマ、習慣(クセ)、好きな異性のタイプ……などなど。
その人のバックボーンはもとより、感情の深いところまで理解しているからこそ、いざ役を演じたときにえも言われぬリアリティが生まれるのではないでしょうか。
ただセリフを丸暗記して、それっぽく演じるだけの役者とは、演ずる前の「準備」に大きな差があるのかな、と。
優れた役者が、演じる対象(人)を徹底的にリサーチする姿勢は、モノやサービスを売る文章にも通じます。
文章を読む人(読者)について、どこまでリサーチしているか。
どこまで知り尽くしているか。
読者の心理心情を理解している人ほど、彼らの心を動かす文章が書けるのではないでしょうか(もちろん、そのうえで想像力も必要です)。
【平凡な役者】
役のリサーチ:しない
感情表現:表面的
演技:浅い
【優れた役者】
役のリサーチ:する
感情表現:役に入り込む
演技:深い
【結果の出ない文章】
読者リサーチ:しない
読者の心理心情:見えていない(理解していない)
文章:書きたいことを書く
【結果の出る文章】
読者リサーチ:する
読者の心理心情:見えている(理解している)
文章:読者に心に刺さることを書く
優れた役者に学ぶ文章道。
ジャンルは違えど、求められる「本質」は同じなのでしょう。
※・※・※・※・※・※・※・※・※・※・※・※・※・※・※
◎執筆、講演、研修、取材の依頼はお気軽に
↓ ↓ ↓ ↓ ↓
お問い合わせ
★セールス文から企画書作りまで。社会人必須の“売る”文章術!
【絶賛発売中】山口拓朗著
買わせる文章が「誰でも」「思い通り」に書ける101の法則』(明日香出版社)
★中学生にも分かる! 「ダメな文章」が「伝わる文章」に変わる!
【絶賛発売中】山口拓朗著
伝わる文章が「速く」「思い通り」に書ける 87の法則 』(明日香出版社)
★会話力・コミュニケーション力を高めたい方へ
【好評発売中】山口拓朗著
どんな人ともドギマギせずに会話がふくらむコツを集めました! 』(三笠書房)
★ベストセラーの電子書籍
【Kindle版】山口拓朗著
ダメな文章を達人の文章にする31の方法 〜なぜ、あなたの文章はわかりにくいのか?〜
★『ダメな文章を達人の文章にする31の方法』の続編
【Kindle版】山口拓朗著
文章が変わると人生が変わる!文章力アップ33の方法〜

記事はお役に立ちましたか?

以下のソーシャルボタンで共有してもらえると嬉しいです。

 ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓
Pocket