山口拓朗公式サイト

伝わる文章の書き方/上手な「たとえ」で文章表現力を高めよう!

Pocket

310.jpg
芸能界には言葉の言い換え上手な
「たとえの達人」がたくさんいます。
くりぃむしちゅーの上田晋也さんも
そのひとりではないでしょうか。
先日、ある番組を観ていたら、
共演者のスベった発言に対して
「非常に空気が悪い」
と言ったあとで、
「換気扇のない焼肉屋か」
とつけ足していました。
「換気扇のない焼肉屋=非常に空気が悪い」
というわけです。
この言い換えなどは、
平凡なほうだとは思いますが(笑)
芸人さんの話のなかには、
秀逸な言い換え(たとえ)が
たくさん見受けられます。
以前、ダウンタウンの松本人志さんが、
スキマスイッチのアフロヘアを見て、
「ええ庭師さん見つけましたね」
と言ったそうです。
松本さんの頭のなかでは
アフロヘアを見た瞬間に、
剪定が行き届いた丸っこい木が浮かんだのでしょう。
そこですかさず「ええ庭師さん見つけましたね」と。
これが「ええ美容師さん見つけましたね」では
さほど大きな笑いにはならなかったはずです。
言葉を上手に言い換える能力は、
文章を書くうえでも大きな武器となります。
「我慢はよくない」というメッセージを
「ふうせんに空気を入れ過ぎると破裂する」
という具合にたとえたら——
あるいは、
「恋にも順番がある」というメッセージを
「料理でも調味料の<さしすせそ>を守らないとマズくなる」
という具合にたとえたら——
あるいは、
「受験生に向けた<完全休養も大切>」というメッセージを
「アクセルを踏みながらブレーキを踏む人はいない」
という具合にたとえたら——
——説得力がアップするかもしれません。
言葉の置き換え能力(たとえる能力)が高まると
説得力が高まるほか、
文章の切り口や表現力にも幅が生まれます。
あなたが伝えようとしているそのメッセージは
他のどんな言葉(表現)で言い換えられますか?
※・※・※・※・※・※・※・※・※・※・※・※・※・※・※
◎執筆、講演、研修、取材の依頼はお気軽に
↓ ↓ ↓ ↓ ↓
お問い合わせ
★メールやLINE、メッセージアプリ等で誤解やトラブルを招かないために!
【絶賛発売中】山口拓朗著
だから、読み手に伝わらない! もう失敗しない文章コミュニケーションの技術』(実務教育出版)
★セールス文から企画書作りまで。社会人必須の“売る”文章術!
【絶賛発売中】山口拓朗著
買わせる文章が「誰でも」「思い通り」に書ける101の法則』(明日香出版社)
★中学生にも分かる! 「ダメな文章」が「伝わる文章」に変わる!
【絶賛発売中】山口拓朗著
伝わる文章が「速く」「思い通り」に書ける 87の法則 』(明日香出版社)
★会話力・コミュニケーション力を高めたい方へ
【好評発売中】山口拓朗著
どんな人ともドギマギせずに会話がふくらむコツを集めました! 』(三笠書房)
★ベストセラーの電子書籍
【Kindle版】山口拓朗著
ダメな文章を達人の文章にする31の方法 〜なぜ、あなたの文章はわかりにくいのか?〜
★『ダメな文章を達人の文章にする31の方法』の続編
【Kindle版】山口拓朗著
文章が変わると人生が変わる!文章力アップ33の方法〜

記事はお役に立ちましたか?

以下のソーシャルボタンで共有してもらえると嬉しいです。

 ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓
Pocket