山口拓朗公式サイト

伝わる文章の書き方/その文章を書く目的は何ですか?

Pocket

311.jpg
文章を書くとき、そこには必ず「目的」が存在します。
ところが、世の中には「えっ? 目的なんてあまり考えたことがないかも……」という方が少なくありません。
書き手が目的を把握していない状況で、いい文章を書けるはずがありません。
【3つの大きな目的】
1:○○を伝えること
2:興味を持ってもらうこと
3:読者の行動を促すこと
あなたが書こうとしている文章は、1~3のどれにあたりますか?
メールでの連絡事項、形式的な報告書などは、1であることが多いでしょう。
ブログで自分の意見を書く、あるいは、エッセイや批評を書く。これらの目的は2の場合が多いでしょう。
参加してもらう、買ってもらう、改善してもらう、◯◯してもらう。これらの目的は3に該当します。
なかには、伝わらなくたって構うもんか! 興味を持たれなくたって構うもんか! 行動してくれなくたって構うもんか! というひねくれ……いや、ロックな方もいるかもしれません(笑)
もちろん、そうした反骨精神(?)に対して、私が文句を言う筋合いはありません。
ただし、ロックな気持ちすらなく、無自覚に「目的不在」な文章を書いているとしたら、それは実にもったいないことです。
なぜなら、書き手自身が気づいていないだけで、文章には必ず「目的」が存在するからです。
目的があるにもかかわらず、その目的を意識できていない。
果たして、本当にそれでいいのでしょうか?
なぜ、あなたはその文章を書くのですか?
あるいは、書かなくてはいけないのですか?
その答えのなかに「目的」を明確にするヒントが隠れているはずです。
※・※・※・※・※・※・※・※・※・※・※・※・※・※・※
◎執筆、講演、研修、取材の依頼はお気軽に
↓ ↓ ↓ ↓ ↓
お問い合わせ
★メールやLINE、メッセージアプリ等で誤解やトラブルを招かないために!
【絶賛発売中】山口拓朗著
だから、読み手に伝わらない! もう失敗しない文章コミュニケーションの技術』(実務教育出版)
★セールス文から企画書作りまで。社会人必須の“売る”文章術!
【絶賛発売中】山口拓朗著
買わせる文章が「誰でも」「思い通り」に書ける101の法則』(明日香出版社)
★中学生にも分かる! 「ダメな文章」が「伝わる文章」に変わる!
【絶賛発売中】山口拓朗著
伝わる文章が「速く」「思い通り」に書ける 87の法則 』(明日香出版社)
★会話力・コミュニケーション力を高めたい方へ
【好評発売中】山口拓朗著
どんな人ともドギマギせずに会話がふくらむコツを集めました! 』(三笠書房)
★ベストセラーの電子書籍
【Kindle版】山口拓朗著
ダメな文章を達人の文章にする31の方法 〜なぜ、あなたの文章はわかりにくいのか?〜
★『ダメな文章を達人の文章にする31の方法』の続編
【Kindle版】山口拓朗著
文章が変わると人生が変わる!文章力アップ33の方法〜

記事はお役に立ちましたか?

以下のソーシャルボタンで共有してもらえると嬉しいです。

 ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓
Pocket