山口拓朗公式サイト

伝わる文章の書き方/「文章を書くのって難しいなあ」を喜ぼう!

Pocket

314.jpg
文章を書いていて「難しい」と思う瞬間があります。
理想とする文章の姿を100とするならば、
50や60にしか感じられないときなどです。
100に到達できない原因は、その都度、さまざまです。
論理がちぐはぐなときもあれば、
よい具体例を示せないときもあれば、
気の利いた比喩がひねり出せないときもあります。
そもそも核となるメッセージ自体が脆弱。
そんなときもあります。
では、「難しい」と感じるのは、
いいことなのでしょうか?
それとも悪いことなのでしょうか?
もちろん(と、あえて書きますが)、前者です。
なぜなら、「難しい」と感じるのは、
目の前のハードルが見えている証拠だからです。
そのハードルを超えることができれば、
確実にいい文章になることが分かっている。
それが「いいこと」ではなくて何なのでしょう。
あとは、乗り越えればいいだけの話です。
私にしてみれば、
目の前にハードルがあるにも関わらず、
その存在に気がつかずに、
ゴールへ突き進んでしまうことのほうがよほど恐怖です。
論理がちぐはぐなまま、
具体例を示せぬまま、
気の利いた比喩を示せぬまま、
脆弱なメッセージのまま、
人に文章を届けてしまうのですから。
名編集者である見城徹氏の言葉に
次のようなものがあります。
「スムーズに進んだ仕事は疑え」
もちろん、すべてのスムーズが
「悪いこと」とは思いません。
いや、できればスムーズに仕事を進めたい(笑)
しかし、目の前にあるハードルに気づかずに、
そのままハードルの脇をすり抜けて
ゴールへと突き進む「スムーズ」は危険です。
文章を読む人も不幸ですが、
書き手にとっても不幸です。
自己成長の機会を逃しているわけなので。
あなたが文章を書くときに
「難しい」と感じることがあるとしたら、
それは、目の前にあるハードルに
気づいているからかもしれません。
そのハードルは、
あなたが、いい文章を書きたいと思っているから
見えたのではないでしょうか。
だから「難しい」を喜びましょう。
超えられないハードルはありません。
ハードルを超えれば、読者は喜び、自分も成長できます。
※・※・※・※・※・※・※・※・※・※・※・※・※・※・※
◎執筆、講演、研修、取材の依頼はお気軽に
↓ ↓ ↓ ↓ ↓
お問い合わせ
★メールやLINE、メッセージアプリ等で誤解やトラブルを招かないために!
【絶賛発売中】山口拓朗著
だから、読み手に伝わらない! もう失敗しない文章コミュニケーションの技術』(実務教育出版)
★セールス文から企画書作りまで。社会人必須の“売る”文章術!
【絶賛発売中】山口拓朗著
買わせる文章が「誰でも」「思い通り」に書ける101の法則』(明日香出版社)
★中学生にも分かる! 「ダメな文章」が「伝わる文章」に変わる!
【絶賛発売中】山口拓朗著
伝わる文章が「速く」「思い通り」に書ける 87の法則 』(明日香出版社)
★会話力・コミュニケーション力を高めたい方へ
【好評発売中】山口拓朗著
どんな人ともドギマギせずに会話がふくらむコツを集めました! 』(三笠書房)
★ベストセラーの電子書籍
【Kindle版】山口拓朗著
ダメな文章を達人の文章にする31の方法 〜なぜ、あなたの文章はわかりにくいのか?〜
★『ダメな文章を達人の文章にする31の方法』の続編
【Kindle版】山口拓朗著
文章が変わると人生が変わる!文章力アップ33の方法〜

記事はお役に立ちましたか?

以下のソーシャルボタンで共有してもらえると嬉しいです。

 ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓
Pocket