山口拓朗公式サイト

伝わる文章の書き方/文章の書き出しはキャッチコピーなり!

Pocket

324.jpg
なぜ、男と女は恋に落ちるのか?








ごめんなさい。
冒頭の一文の答えは、この記事には書いていません。
 
では、何を書きたかったかというと……、読者に「問い」を投げかける有効性についてお伝えしたかったのです。
 
人間は「問い」を投げかけられると、その「答え」を知りたくなるのです。
あるいは、その「問い」に答えたくなるのです。
 
つまり、何かしらのメッセージを伝えたいときは、冒頭、あるいはタイトル等で、読者に「問い」を投げかければいいのです。
「問い(疑問)」を使ったキャッチコピー効果です。
 
「花粉症になる人とならない人の決定的な違いとは?」
 
と書き始めれば、花粉症の人は続きを読みたくなるでしょう。
 
「ワタシが妻に隠れて始めた趣味とは?」
 
と書き始めれば、
 
「今日は朝から雨。私は家から一歩も出ませんでした」
 
と書き始めるよりは、「続きを読みたい」と思う人が増えるでしょう。
 
大ベストセラー小説『ダ・ヴィンチ・コード』では、世界中の読者が、ルーヴル美術館館長の「謎めいた死」に興味を引きつけられました。
 
いったい何が起きたのか?
 
と、手に汗握りながら、先を読み進めた人も多いでしょう。
 
もしも、冒頭であの「謎めいた死」が登場しなければ、あれほどのベストセラーにはならなかったかもしれません。
 
「謎」もまた「問い」です。つまり、投げかけられた側は、その「答え=謎の解明」を知りたくなるのです。
人の「知的欲求」は思いのほか大きい。
 
自分に関係のある事柄であれば、なおさらのことです。
 
せっかく書いた文章を最後まで読んでもらいたのであれば、書き出しに工夫を凝らしましょう。
 
書き出しやタイトルで読者の気持ちをキャッチしましょう。
 
<「問い」を投げかける>という方法は、続きを読ませるために有効な工夫のひとつです。
※・※・※・※・※・※・※・※・※・※・※・※・※・※・※
◎執筆、講演、研修、取材の依頼はお気軽に
↓ ↓ ↓ ↓ ↓
お問い合わせ
★メールからSNSまで。文章コミュニケーションを武器にする方法!
【絶賛発売中】山口拓朗著
だから、読み手に伝わらない! もう失敗しない文章コミュニケーションの技術』(実務教育出版)
★セールス文から企画書作りまで。社会人必須の“売る”文章術!
【絶賛発売中】山口拓朗著
買わせる文章が「誰でも」「思い通り」に書ける101の法則』(明日香出版社)
★中学生にも分かる! 「ダメな文章」が「伝わる文章」に変わる!
【絶賛発売中】山口拓朗著
伝わる文章が「速く」「思い通り」に書ける 87の法則 』(明日香出版社)
★会話力・コミュニケーション力を高めたい方へ
【好評発売中】山口拓朗著
どんな人ともドギマギせずに会話がふくらむコツを集めました! 』(三笠書房)
★ベストセラーの電子書籍
【Kindle版】山口拓朗著
ダメな文章を達人の文章にする31の方法 〜なぜ、あなたの文章はわかりにくいのか?〜
★『ダメな文章を達人の文章にする31の方法』の続編
【Kindle版】山口拓朗著
文章が変わると人生が変わる!文章力アップ33の方法〜

記事はお役に立ちましたか?

以下のソーシャルボタンで共有してもらえると嬉しいです。

 ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓
Pocket