山口拓朗公式サイト

伝わる文章の書き方/文章を入れ替える技術

Pocket

327.jpg
単調な文章を書きがちな人は、
文章を入れ替える技術を身につけるといいでしょう。
 
【1】
魔法とは、不可能を可能にする力だ。
 
↑この文章は、次のようにも書けます。
 
【2】
不可能を可能にする力が、魔法だ。
 
言葉をより強調させたいなら、
次のような書き方もできます。
 
【3】
魔法。それは不可能を可能にする力だ。
 
【4】
不可能を可能にする力。それが魔法だ。
 
文章の書き方は、ひとつだけではありません。
文章表現はいつでも複数考えられます。
 
もっとも、先ほど挙げた1~4にしても
「どれで書いてもOK」ということではありません。
 
文章を入れ替えるときには、
前後の文脈やリズム、強調したいポイントに応じて
書き方を工夫しなければいけません。
 
入れ替えてみたけど、しっくりこないときは、
元に戻すか、少し手を加えるか、
あるいは、さらに入れ替えを行う必要があります。
 
文章を書く作業は、常に「編集」の連続なのです。
 
ちなみに、倒置法(目的語や主語の強調)も、
文章を入れ替える技術のひとつです。
 
<通常文>
わたしは大学に合格した。
 
わたしは合格した、大学に。(目的語を倒置)
 
大学に合格した、わたしは。(主語を倒置)
 
「ここぞ!」というときに、こうした入れ替えを行うと、
文章に新鮮さや変化が生まれます(実務的な文章にはなじみませんが)。
※・※・※・※・※・※・※・※・※・※・※・※・※・※・※
◎執筆、講演、研修、取材の依頼はお気軽に
↓ ↓ ↓ ↓ ↓
お問い合わせ
★メールからSNSまで。文章コミュニケーションを武器にする方法!
【絶賛発売中】山口拓朗著
だから、読み手に伝わらない! もう失敗しない文章コミュニケーションの技術』(実務教育出版)
★セールス文から企画書作りまで。社会人必須の“売る”文章術!
【絶賛発売中】山口拓朗著
買わせる文章が「誰でも」「思い通り」に書ける101の法則』(明日香出版社)
★中学生にも分かる! 「ダメな文章」が「伝わる文章」に変わる!
【絶賛発売中】山口拓朗著
伝わる文章が「速く」「思い通り」に書ける 87の法則 』(明日香出版社)
★会話力・コミュニケーション力を高めたい方へ
【好評発売中】山口拓朗著
どんな人ともドギマギせずに会話がふくらむコツを集めました! 』(三笠書房)
★ベストセラーの電子書籍
【Kindle版】山口拓朗著
ダメな文章を達人の文章にする31の方法 〜なぜ、あなたの文章はわかりにくいのか?〜
★『ダメな文章を達人の文章にする31の方法』の続編
【Kindle版】山口拓朗著
文章が変わると人生が変わる!文章力アップ33の方法〜

記事はお役に立ちましたか?

以下のソーシャルボタンで共有してもらえると嬉しいです。

 ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓
Pocket