山口拓朗公式サイト

伝わる文章の書き方/マル(句点)の恐怖……

Pocket

330.jpg
先日、娘がこんなことを言いました。
 
「マル(句点)があるメール文章は怖いんだよ」と。
 
どうやら、「おはよう。」と書かれたメールは
読む人を怖がらせてしまうようなのです。
 
一瞬、「どういうことだ?」と思いました。
 
よくよく話を聞くと、中学生の友達の間では常識だそうです。
 
文末にマルが打たれたメールが届くと
「怒っているのかな?」
「機嫌が悪いのかな?」
と思うのだとか。
 
だから、彼女たちは、
よほどのことがない限り
メールやLINEにマルを使わないのです
 
「おはよう。」からマルを削って、
「おはよう」にすればいいのかというと、
これもダメとのこと。
 
では、中学生同士はどんな文章で
やり取りをしているのでしょうか。
 
「おはよう!」「おはよう~」
「おはよう☆」「おはよう♪」
という具合に音引きや感嘆符やマークをつける。
あるいは、
「おはよう+絵文字or顔文字」のスタイルで
文章を作り上げているのです。
 
娘から「マルの恐怖」を教わって以来、
わが家では、娘とやり取りするメールから
マル(句点)が姿を消しました(笑)
中学生の間で「マルの恐怖」が
常識になっている以上、
それを否定しても仕方ありません。
 
文章であれ、会話であれ、
コミュニケーションでは、
相手の気持ちを尊重することが大切です。
 
相手が嫌がることはしない。
 
あと5~10年もすれば、
「マルの恐怖世代」が
社会に出てきます。
 
すると、仕事で使うメールの文面にも
変化が出てくるかもしれませんね……。
 
中学生とメールで
やる取りしている皆さん、
「マルの恐怖」にご注意を。
 
あ、いや、ご注意を(^_-)☆
※・※・※・※・※・※・※・※・※・※・※・※・※・※・※
◎執筆、講演、研修、取材の依頼はお気軽に
↓ ↓ ↓ ↓ ↓
お問い合わせ
★メールからSNSまで。文章コミュニケーションを武器にする方法!
【絶賛発売中】山口拓朗著
だから、読み手に伝わらない! もう失敗しない文章コミュニケーションの技術』(実務教育出版)
★セールス文から企画書作りまで。社会人必須の“売る”文章術!
【絶賛発売中】山口拓朗著
買わせる文章が「誰でも」「思い通り」に書ける101の法則』(明日香出版社)
★中学生にも分かる! 「ダメな文章」が「伝わる文章」に変わる!
【絶賛発売中】山口拓朗著
伝わる文章が「速く」「思い通り」に書ける 87の法則 』(明日香出版社)
★会話力・コミュニケーション力を高めたい方へ
【好評発売中】山口拓朗著
どんな人ともドギマギせずに会話がふくらむコツを集めました! 』(三笠書房)
★ベストセラーの電子書籍
【Kindle版】山口拓朗著
ダメな文章を達人の文章にする31の方法 〜なぜ、あなたの文章はわかりにくいのか?〜
★『ダメな文章を達人の文章にする31の方法』の続編
【Kindle版】山口拓朗著
文章が変わると人生が変わる!文章力アップ33の方法〜

記事はお役に立ちましたか?

以下のソーシャルボタンで共有してもらえると嬉しいです。

 ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓
Pocket