山口拓朗公式サイト

伝わる文章の書き方/読まれる文章を書く有効な方法

Pocket

331.jpg
現代人は忙しい。
加えて、飛び交っている情報量が
尋常ではありません。
 
そうした状況下で
人に読まれる文章を書くことは
簡単ではありません。
 
闇雲に文章を書いても
誰も読んでくれない……。
 
厳しいようですが、
それが現実です。
 
では、せっかく書いた文章を
読んでもらうには、どんな点に気をつければいいでしょうか。
 
◆見た目を読みやすくする。
◆メッセージを明確にする。
◆簡潔に書く。
◆書き出しで興味を引く。
——ポイントを挙げれば、キリがありません。
 
一方で、細かいポイント以前に、
より確実に読まれる方法があります。
 
それは、読み手に
「この人の書く文章を読みたい!」
と思ってもらうことです。
 
「この人の書く文章には、いつも学びがある」
 
「この人の書く文章は、いつもおもしろい(楽しい)」
 
「この人の書く文章に、いつも感動する」
 
「この人の書く文章には、いつも共感する」
 
「この人の書く文章は、いつも鋭い」
 
「この人の書く文章には、いつも愛がある」
 
「この人の文章からにじみ出る人柄が好きだ」
 
「この人の文章からにじみ出る考え方が好きだ」
 
どんなことでも構いません。
「この人の文章を読みたい!」
と思ってもらえればOKです。
 
福山雅治のファンであれば、
彼がリリースする新譜を
無条件で聴きたくなるはずです。
ジブリ映画のファンであれば、
新作が公開されれば
無条件で観に行きたくなるはずです。
 
それと同じです。
 
「この人の文章を読みたい!」と
思っている人であれば、
少しくらい文章が読みにくくても、
少しくらい文章がとっちらかっていても、
少しくらい文章が冗長でも、
少しくらい文章が稚拙でも、
読んでもらえるはずです。
 
なぜなら、
「この人の文章を読めば、
 必ず○○が得られる!」
と、読み手が「信頼」しているからです。
 
そう。
読まれる文章を書く有効な方法のひとつは、
文章の中身で「信用を勝ち取る」ことなのです。
※・※・※・※・※・※・※・※・※・※・※・※・※・※・※
◎執筆、講演、研修、取材の依頼はお気軽に
↓ ↓ ↓ ↓ ↓
お問い合わせ
★メールからSNSまで。文章コミュニケーションを武器にする方法!
【絶賛発売中】山口拓朗著
だから、読み手に伝わらない! もう失敗しない文章コミュニケーションの技術』(実務教育出版)
★セールス文から企画書作りまで。社会人必須の“売る”文章術!
【絶賛発売中】山口拓朗著
買わせる文章が「誰でも」「思い通り」に書ける101の法則』(明日香出版社)
★中学生にも分かる! 「ダメな文章」が「伝わる文章」に変わる!
【絶賛発売中】山口拓朗著
伝わる文章が「速く」「思い通り」に書ける 87の法則 』(明日香出版社)
★会話力・コミュニケーション力を高めたい方へ
【好評発売中】山口拓朗著
どんな人ともドギマギせずに会話がふくらむコツを集めました! 』(三笠書房)
★ベストセラーの電子書籍
【Kindle版】山口拓朗著
ダメな文章を達人の文章にする31の方法 〜なぜ、あなたの文章はわかりにくいのか?〜
★『ダメな文章を達人の文章にする31の方法』の続編
【Kindle版】山口拓朗著
文章が変わると人生が変わる!文章力アップ33の方法〜

記事はお役に立ちましたか?

以下のソーシャルボタンで共有してもらえると嬉しいです。

 ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓
Pocket