山口拓朗公式サイト

伝わる文章の書き方/文章を書くときには、主情報と副情報を見極めよう!

Pocket

333.jpg
情報に「主」と「副」があるときは、
(書き手自身が)その関係を正しく認識しておく必要があります。
 
なぜなら、文章を書くときには、「副」よりも「主」の情報を
強調しなければいけないからです。
 
1:このクルマは、前方車両検知センサーを備えている
 
2:このクルマは、追突事故を回避する
 
このような、ふたつの情報があったとします。
 
1が「主」で、2が「副」の場合、次のような文章になります。
 
【文章A】
このクルマは、追突事故を回避すべく前方車両検知センサーを備えています。
 
この文章では「前方車両検知センサーを備えています」が、
主情報として(やや)強調されています。
 
一方、2が「主」で、1が「副」の場合、次のような文書になります。
 
【文章B】
このクルマは、前方車両検知センサーにより追突事故を回避します。
 
この文章では「追突事故を回避します」が、
主情報として(やや)強調されています。
文章の書き方は、いつでも「ひとつ」ではありません。
「クルマ」を強調したければ、次のように書くこともできます。
【文章C】 
追突事故を回避すべく前方車両検知センサーを備えているのは、このクルマです。
複数の情報があるときは、それらの情報に差がないか。
また、差がある場合は、「主」たる情報はどれ(どちら)なのか。
冷静に見極めたうえで、文章を書きましょう。
※・※・※・※・※・※・※・※・※・※・※・※・※・※・※
◎執筆、講演、研修、取材の依頼はお気軽に
↓ ↓ ↓ ↓ ↓
お問い合わせ
★メールからSNSまで。文章コミュニケーションを武器にする方法!
【絶賛発売中】山口拓朗著
だから、読み手に伝わらない! もう失敗しない文章コミュニケーションの技術』(実務教育出版)
★セールス文から企画書作りまで。社会人必須の“売る”文章術!
【絶賛発売中】山口拓朗著
買わせる文章が「誰でも」「思い通り」に書ける101の法則』(明日香出版社)
★中学生にも分かる! 「ダメな文章」が「伝わる文章」に変わる!
【絶賛発売中】山口拓朗著
伝わる文章が「速く」「思い通り」に書ける 87の法則 』(明日香出版社)
★会話力・コミュニケーション力を高めたい方へ
【好評発売中】山口拓朗著
どんな人ともドギマギせずに会話がふくらむコツを集めました! 』(三笠書房)
★ベストセラーの電子書籍
【Kindle版】山口拓朗著
ダメな文章を達人の文章にする31の方法 〜なぜ、あなたの文章はわかりにくいのか?〜
★『ダメな文章を達人の文章にする31の方法』の続編
【Kindle版】山口拓朗著
文章が変わると人生が変わる!文章力アップ33の方法〜

記事はお役に立ちましたか?

以下のソーシャルボタンで共有してもらえると嬉しいです。

 ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓
Pocket