山口拓朗公式サイト

伝わる文章の書き方/相手の立場で物事を考える!

Pocket

336.jpg
すべての社会人に必須のスキルに「コミュニケーション能力」があります。
どんなに素晴らしい資質、才能、技術、頭脳、スペック、
それに、優良なモノやサービスがあっても、
相手の立場で物事を考えて、人とコミュニケーションできなければ、
仕事(ビジネス)はうまくいきません。
なぜなら、相手のニーズが見えていないために、
あるいは、相手の気持ちを害してしまうために、
人から信頼を得られない。人にサポートしてもらえない。
人に期待してもらえない。人が寄り付かない。人がお金を出してくれない。
——などの状況が生まれるからです。
「会話」のコミュニケーションに気をつけている人が多い反面、
「文章」のコミュニケーションをないがしろにしている人が少なくありません。
「会話」のコミュニケーションよりも、
数段ハードルが高いにも関わらず、です。
目の前に相手がいないのをいいことに、
つい「自分都合」の文章を書いてしまう。
これが文章コミュニケーションの恐ろしさです。
その結果、相手に誤解されたり、相手を傷つけたり、
相手の怒りを買ったりしてしまうのです。
しかも、当の本人は、相手の気持ちを害したことに気づいていない。
信用を失ったことに気づいていない。期待を裏切ったことに気づいていない。
「デキないやつ」と思われたことに気づいていない。
「イヤなやつ」と思われたことに気づいていない。
だから“タチ”が悪いのです。
私の知る限り、仕事ができる人ほど
コミュニケーション目的の文章を重視しています。
 
なぜなら、自分が書く文章ひとつで、
仕事の目的が達成できるか否かが、良好な人間関係が築けるか否かが、
自分の夢や目的が叶うか否かが、決まってしまうからです。
文章コミュニケーションの重要性を理解している方は、
常に相手の立場で物事を考えながら、文章を紡いでいます。
相手の立場で物事を考える、とは?
好きな人にプレゼントを贈るときに
「どうしたら喜んでくれるかな?」と考える思考と何ら変わりません。
商品やサービスをお客さんに買ってもらうときに
「どうしたら欲しいと思ってもらえるかな?」と考える思考と何ら変わりません。
相手の立場で物事を考えられる人は、自分の書く文章で、
相手を喜ばすことも、相手の信頼を勝ち取ることも、
相手から「はい」の返事をもらうことも、自分の価値を高めることも、
自分を高く売ることもできるのです。
プライスレスなスキルではないでしょうか。
 
でも、一体どうしたら、文章コミュニケーションのスキルを
身につけることができるのでしょうか?
私なりの答えは拙著『だから、読み手に伝わらない! もう失敗しない文章コミュニケーションの技術
(教育実務出版)に書いています。
ぜひ、この本から、文章コミュニケーションの「考え方」と
「スキル」をインストールしてください。
※・※・※・※・※・※・※・※・※・※・※・※・※・※・※
◎執筆、講演、研修、取材の依頼はお気軽に
↓ ↓ ↓ ↓ ↓
お問い合わせ
★メールからSNSまで。文章コミュニケーションを武器にする方法!
【絶賛発売中】山口拓朗著
だから、読み手に伝わらない! もう失敗しない文章コミュニケーションの技術』(実務教育出版)
★セールス文から企画書作りまで。社会人必須の“売る”文章術!
【絶賛発売中】山口拓朗著
買わせる文章が「誰でも」「思い通り」に書ける101の法則』(明日香出版社)
★中学生にも分かる! 「ダメな文章」が「伝わる文章」に変わる!
【絶賛発売中】山口拓朗著
伝わる文章が「速く」「思い通り」に書ける 87の法則 』(明日香出版社)
★会話力・コミュニケーション力を高めたい方へ
【好評発売中】山口拓朗著
どんな人ともドギマギせずに会話がふくらむコツを集めました! 』(三笠書房)
★ベストセラーの電子書籍
【Kindle版】山口拓朗著
ダメな文章を達人の文章にする31の方法 〜なぜ、あなたの文章はわかりにくいのか?〜
★『ダメな文章を達人の文章にする31の方法』の続編
【Kindle版】山口拓朗著
文章が変わると人生が変わる!文章力アップ33の方法〜

記事はお役に立ちましたか?

以下のソーシャルボタンで共有してもらえると嬉しいです。

 ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓
Pocket