山口拓朗公式サイト

伝わる文章の書き方/文章と文章をつなぐ「橋」。それが接続詞!

Pocket

344.jpg
接続詞の選び方を誤ると
論理がちぐはぐになり、
分かりにくい文章になってしまいます。
 
【原文】
A君は足が速く、運動会では、
毎年、リレーの選手に選ばれています。
また、勉強の成績は人並みです。
 
かろうじて意味は通じますが、
読んでいて違和感を覚えます。
 
接続詞に<同列>を示す
「また」を用いたことが、
違和感の原因です。
接続詞が<同列>にも関わらず、
前半と後半の文章の内容が
同列になっていません。
(前半:A君の長所/後半:A君の長所ではない)
 
【原文の修正】
A君は足が速く、運動会では、
毎年、リレーの選手に選ばれています。
一方で、勉強の成績は人並みです。
 
このように、接続詞に
<対比>を示す「一方で」を用いると
文章の流れがスムーズになります。
【原文】よりも論理(前後半の対比)が明確で、
読む人の理解度も高まります。
 
接続詞は、文章と文章をつなぐ
「橋」のようなものです。
正しい「橋」をかけてあげないと
論理が崩れて、おかしな文章になりかねません。
 
文章と文章に、
上手に「橋」をかけてあげられる人は、
伝わる文章を書ける人です。
※・※・※・※・※・※・※・※・※・※・※・※・※・※・※
◎執筆、講演、研修、取材の依頼はお気軽に
↓ ↓ ↓ ↓ ↓
お問い合わせ
★日本初! 決して「書かずに」みるみる文章が上達するトレーニング方法!
書かずに文章がうまくなるトレーニング』(サンマーク出版)
★メールからSNSまで。文章コミュニケーションを武器にする方法!
だから、読み手に伝わらない! もう失敗しない文章コミュニケーションの技術』(実務教育出版)
★セールス文から企画書作りまで。社会人必須の“売る”文章術!
買わせる文章が「誰でも」「思い通り」に書ける101の法則』(明日香出版社)
★中学生にも分かる! 「ダメな文章」が「伝わる文章」に変わる!
伝わる文章が「速く」「思い通り」に書ける 87の法則 』(明日香出版社)
★会話力・コミュニケーション力を高めたい方へ
どんな人ともドギマギせずに会話がふくらむコツを集めました! 』(三笠書房)
★ベストセラーの電子書籍
ダメな文章を達人の文章にする31の方法 〜なぜ、あなたの文章はわかりにくいのか?〜
★『ダメな文章を達人の文章にする31の方法』の続編となる電子書籍
文章が変わると人生が変わる!文章力アップ33の方法〜

記事はお役に立ちましたか?

以下のソーシャルボタンで共有してもらえると嬉しいです。

 ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓
Pocket