山口拓朗公式サイト

伝わる文章の書き方/義務感で文章を書くのはもったいない!

Pocket

345.jpg
文章を書くことに苦手意識がある。
 
こういう方が少なくありません。
 
苦手意識を感じる原因のひとつが
「書かなくてはいけない」という義務感です。
 
「義務」として書いているから、
イヤになってしまうのです。
モチベーションが上がらないのです。
 
「義務感=受け身」です。
 
文章に限ったことではありませんが、
「受け身の状態」では、モチベーションは上がりにくいものです。
ましてや楽しむことなどできません。
 
逆に言えば、苦手意識をなくすには、
受け身の状態から抜け出して、
主体的な状態を作り上げる必要があります。
 
そもそも、文章を書くという行為には、
さまざまなメリットがあります。
 
●人から人へ情報の橋渡しをする
【他者貢献=信頼獲得】
 
●自分の思いや意見や主張を伝えることができる
【自己(内面)の発露→他者に知ってもらえる】
 
●自分の記憶力が強化される
【知識・教養の強化】
 
●自分の感情を含め、さまざまな「気づき」を得られる
【自分を知る/自分を客観視できる】
  
——などなど。これらすべてが「自己成長」を内包しています。
 
極端な言い方をすれば、書き手自身にまったくメリットのない文章など、
この世の中に存在しません。
 
そう、文章作成自体が、
主体的に取り組むに値する行為なのです。
 
すでに主体的な気持ちで書けている方であれば、
自分に負荷をかけることで、
より多くのメリットを得ることもできます。
 
●できる限り「分かりやすく」書こう
●できる限り「おもしろく」書こう
●できる限り「掘り下げて」書こう
などが負荷の一例です。
 
このように、自分で自分に負荷をかけることによって
「伝える筋肉」がメキメキと鍛えられていきます。
つまりは、急速に自己成長できるのです。
 
自己成長したうえで、読み手にも喜ばれ、
周囲から好感や信頼や期待も得られる。
 
こうしたメリットに目を向けずに(気づかずに)、
義務感だけで文章を書くのは、「もったいない」と言わざるを得ません。
誰も得をしません。
 
受け身の状態で書いていては、得られるメリットも微量です。
 
いつでも主体的に文章を書いて、たくさんのメリットを受け取りましょう。
※・※・※・※・※・※・※・※・※・※・※・※・※・※・※
◎執筆、講演、研修、取材の依頼はお気軽に
↓ ↓ ↓ ↓ ↓
お問い合わせ
★日本初! 決して「書かずに」みるみる文章が上達するトレーニング方法!
書かずに文章がうまくなるトレーニング』(サンマーク出版)
★メールからSNSまで。文章コミュニケーションを武器にする方法!
だから、読み手に伝わらない! もう失敗しない文章コミュニケーションの技術』(実務教育出版)
★セールス文から企画書作りまで。社会人必須の“売る”文章術!
買わせる文章が「誰でも」「思い通り」に書ける101の法則』(明日香出版社)
★中学生にも分かる! 「ダメな文章」が「伝わる文章」に変わる!
伝わる文章が「速く」「思い通り」に書ける 87の法則 』(明日香出版社)
★会話力・コミュニケーション力を高めたい方へ
どんな人ともドギマギせずに会話がふくらむコツを集めました! 』(三笠書房)
★ベストセラーの電子書籍
ダメな文章を達人の文章にする31の方法 〜なぜ、あなたの文章はわかりにくいのか?〜
★『ダメな文章を達人の文章にする31の方法』の続編となる電子書籍
文章が変わると人生が変わる!文章力アップ33の方法〜

記事はお役に立ちましたか?

以下のソーシャルボタンで共有してもらえると嬉しいです。

 ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓
Pocket