山口拓朗公式サイト

伝わる文章の書き方/立ち位置替えで磨く文章力!

Pocket

347.jpg
文章にオリジナリティを与えるひとつの方法が
「書き手の立ち位置」を変化させる、というものです。
 
たとえば、「健康」について語るとき、
さまざまな「立ち位置」で語ることができます。
 
■健康マニアという立ち位置
■◯◯医学、◯◯医療を支持する立ち位置
■「風邪や病気とは無縁のな私」という立ち位置
■「慢性疾患を抱える虚弱な私」という立ち位置
■「慢性疾患を抱える虚弱な息子の母」という立ち位置
■不健康を克服した「変化の体験者」という立ち位置
■予防医学の大切さを伝える伝道師的な立ち位置
■「医療費の推移に興味をもつ」経済アナリスト的な立ち位置
■「心の健康の関係を探る」セラピスト的な立ち位置
■「健康と人生の関係を探る」哲学者的な立ち位置
■「健康を数字で考える」数学者的な立ち位置
■「長年、健康について考え続けてきた自分」という立ち位置
■「健康について一度も深く考えたことがなかった自分」という立ち位置
■「お腹のなかの赤ちゃんの代り」という代弁の立ち位置
■「もしも私が子供に戻ったら」という仮説の立ち位置
 
どんな立ち位置で文章書くかによって、
盛り込む内容や文体、構成、表現などが変化します。
その変化のなかから「これは!」という
オリジナリティの芽を発見していくのです。
 
慣れないうちは、
あえて大胆な立ち位置に立ってみてもいいでしょう。
 
今日はエッセイストの気分で書くぞ!
今日は週刊誌記者の気分で書くぞ!
今日は主婦の気分で書くぞ!
今日は独身の気分で書くぞ!
今日は経営者の気分で書くぞ!
今日は芸人の気分で書くぞ!
今日は旅人の気分で書くぞ!
今日は地球外生命体の気分で書くぞ!
 
ゲーム感覚でOK。
書き手としての自分の立ち位置を決める書き方には、
オリジナリティの獲得のほか、想像力を鍛える効果や、
自分の視野を広める効果、ブレない文章を構築する効果などがあります。
 
また、自分にふさわしい「立ち位置」を
掘り起こすツールにもなります。
「あれ? 芸人の気分で書くと書きやすいし、読者も喜んでくれる!」
そんな気づきが得られれば、
より自分らしいオリジナリティが磨かれていくでしょう。
※・※・※・※・※・※・※・※・※・※・※・※・※・※・※
◎執筆、講演、研修、取材の依頼はお気軽に
↓ ↓ ↓ ↓ ↓
お問い合わせ
★日本初! 決して「書かずに」みるみる文章が上達するトレーニング方法!
書かずに文章がうまくなるトレーニング』(サンマーク出版)
★メールからSNSまで。文章コミュニケーションを武器にする方法!
だから、読み手に伝わらない! もう失敗しない文章コミュニケーションの技術』(実務教育出版)
★セールス文から企画書作りまで。社会人必須の“売る”文章術!
買わせる文章が「誰でも」「思い通り」に書ける101の法則』(明日香出版社)
★中学生にも分かる! 「ダメな文章」が「伝わる文章」に変わる!
伝わる文章が「速く」「思い通り」に書ける 87の法則 』(明日香出版社)
★会話力・コミュニケーション力を高めたい方へ
どんな人ともドギマギせずに会話がふくらむコツを集めました! 』(三笠書房)
★ベストセラーの電子書籍
ダメな文章を達人の文章にする31の方法 〜なぜ、あなたの文章はわかりにくいのか?〜
★『ダメな文章を達人の文章にする31の方法』の続編となる電子書籍
文章が変わると人生が変わる!文章力アップ33の方法〜

記事はお役に立ちましたか?

以下のソーシャルボタンで共有してもらえると嬉しいです。

 ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓
Pocket