山口拓朗公式サイト

伝わる文章の書き方/欲張りすぎの文章に要注意!

Pocket

355.jpg
自分の書きたいことを書ききったとき、
書き手の満足度は相当に高いはずです。
「おお、出しきったぜ~」「気持ちいい!」
「すげーいい文章書いちゃったかも!」と。
 
しかし、そういうときこそ注意が必要です。
なぜなら、書き手が書きたいことと、読み手が読みたいことは、
往々にして違うからです。
 
もちろん、すべてが違うとは言いません。
仮に10の情報を一気に書いたのであれば、
そのうちの2か3は、読み手が読みたい情報かもしれません。
 
とはいえ、読み手に不必要な情報が7も8も盛り込まれていると、
せっかくの2や3も薄まってしまい、読者の印象に残らなくなります。
 
それこそ本末転倒です。
 
書くときに大事なのは「何を書くか」と「何を書かないか」を決めること。
つまり、情報の取捨選択です。
 
たとえ自分が書きたくても、読み手が欲していないのであれば、
あえて「書かない」選択をしなければいけません。
 
不要な情報が削ぎ落とされた文章は、
より深く&鋭く読み手の心に刺さります。
そう、邪魔者(不要な情報)がいない文章は、
それだけで「伝わりやすくなる」のです。
 
「こんなにいいことを書いているのに、
なんで読者の反応が弱いんだろう?」というケースが多い方は、
もしかすると情報の取捨選択ができておらず(または中途半端で)、
不要な情報が盛り込まれているからかもしれません。
 
文章を書くときに、欲張ってはいけません。
あれもこれもと欲張るほど、文章の価値が下がります。
文章の価値が下がれば、書き手自身の価値も下がります。
 
書き手も読み手も——誰一人として得をしない。
そんな文章を書きたい人はいないはずです。
※・※・※・※・※・※・※・※・※・※・※・※・※・※・※
◎執筆、講演、研修、取材の依頼はお気軽に
↓ ↓ ↓ ↓ ↓
お問い合わせ
★日本初! 決して「書かずに」みるみる文章が上達するトレーニング方法!
書かずに文章がうまくなるトレーニング』(サンマーク出版)
★メールからSNSまで。文章コミュニケーションを武器にする方法!
だから、読み手に伝わらない! もう失敗しない文章コミュニケーションの技術』(実務教育出版)
★セールス文から企画書作りまで。社会人必須の“売る”文章術!
買わせる文章が「誰でも」「思い通り」に書ける101の法則』(明日香出版社)
★中学生にも分かる! 「ダメな文章」が「伝わる文章」に変わる!
伝わる文章が「速く」「思い通り」に書ける 87の法則 』(明日香出版社)
★会話力・コミュニケーション力を高めたい方へ
どんな人ともドギマギせずに会話がふくらむコツを集めました! 』(三笠書房)
★ベストセラーの電子書籍
ダメな文章を達人の文章にする31の方法 〜なぜ、あなたの文章はわかりにくいのか?〜
★『ダメな文章を達人の文章にする31の方法』の続編となる電子書籍
文章が変わると人生が変わる!文章力アップ33の方法〜

記事はお役に立ちましたか?

以下のソーシャルボタンで共有してもらえると嬉しいです。

 ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓
Pocket