山口拓朗公式サイト

伝わる文章の書き方/同じ語尾を続けない

Pocket

357.jpg
同じ語尾が続くと、文章が単調になりがちです。
 
<例文1>
これは娘が作った夜ごはんです。
私と妻が大好きな生姜焼きです。
予想以上においしかったです。
 
語尾に「です」が3回続いています。
単調なうえに稚拙な印象を受けます。
 
<例文1の修正>
これは娘が作った夜ごはんです。
私と妻が大好きな生姜焼き。
予想以上のおいしさでした。
 
このように、語尾に変化をつけることで、
文章にリズムとメリハリが生まれます。
稚拙な印象も消えました。
 
<例文2>
チームプレーは日本の武器だ。
もともと組織的な動きが得意なのが日本人だ。
たとえフィジカルで相手チームに劣っていても、
全員がチームプレーに徹すれば、
勝利を引き寄せることができるのだ。
 
語尾に「だ」が3回続いているため、
残念ながら一本調子な印象を受けます。
 
<例文2の修正>
チームプレーは日本の武器だ。
もともと日本人は組織的な動きを得意にしている。
たとえフィジカルで相手チームに劣っていても、
全員がチームプレーに徹すれば、
勝利を引き寄せることができる。
表現を変えるだけでなく、「体言止め」を使ったり、
主語を入れ替えたりすることでも、
語尾に変化をつけることができます。
  
なお、「です・ます調」の場合、「だ・である調」に比べて、
語尾に変化をつけにくという弱点があります。
したがって「~です」「~しょう」「~ます」
「~せん」「~ください」などを上手に使い回さなければいけません。
 
一方で、「だ・である調」は、語尾のバリエーションに富んでいます。
「~だ」「~である」「といえる」「~考える」「~だった」「~ない」
「~できる」「~らしい」……等々、個人的な体感としては
「です・ます調」に比べて3倍以上の自由度があるように思います。
 
もっとも、短い文章を並べて言葉をたたみかけたいときや、
こってりと気持ちを伝えたいときなどに、
あえて同じ語尾を続けるケースもあります。
 
それが愛だ。それが幸せだ。それが人生だ。
——という具合に。
 
とくに明確な狙いがないのであれば、
語尾の連続は2回までに押さえたほうがいいでしょう。
 
意識的に語尾に変化をつけられる人は、
読み手を飽きさせない人といえます。

※・※・※・※・※・※・※・※・※・※・※・※・※・※・※
◎執筆、講演、研修、取材の依頼はお気軽に
↓ ↓ ↓ ↓ ↓
お問い合わせ
★日本初! 決して「書かずに」みるみる文章が上達するトレーニング方法!
書かずに文章がうまくなるトレーニング』(サンマーク出版)
★メールからSNSまで。文章コミュニケーションを武器にする方法!
だから、読み手に伝わらない! もう失敗しない文章コミュニケーションの技術』(実務教育出版)
★セールス文から企画書作りまで。社会人必須の“売る”文章術!
買わせる文章が「誰でも」「思い通り」に書ける101の法則』(明日香出版社)
★中学生にも分かる! 「ダメな文章」が「伝わる文章」に変わる!
伝わる文章が「速く」「思い通り」に書ける 87の法則 』(明日香出版社)
★会話力・コミュニケーション力を高めたい方へ
どんな人ともドギマギせずに会話がふくらむコツを集めました! 』(三笠書房)
★ベストセラーの電子書籍
ダメな文章を達人の文章にする31の方法 〜なぜ、あなたの文章はわかりにくいのか?〜
★『ダメな文章を達人の文章にする31の方法』の続編となる電子書籍
文章が変わると人生が変わる!文章力アップ33の方法〜

記事はお役に立ちましたか?

以下のソーシャルボタンで共有してもらえると嬉しいです。

 ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓
Pocket