山口拓朗公式サイト

伝わる文章の書き方/「から」「ので」「ため」違いはなに?

Pocket

358.1.jpg
パンクしたから、この場から動けません。
パンクしたので、この場から動けません。
パンクしたため、この場から動けません。
 
「から」と「ので」と「ため」の違いは、どこにあるのでしょうか?
 
質問を変えましょう。
 
あなたは「から」「ので」「ため」のどれを使って文章を書きますか?
 
意味が通じるから、どれを使ってもOK!
——という考え方もあるでしょう。
 
確かに、3つの文章の意味は、どれも同じです。
 
しかし、読む人が受ける印象は違います。
なぜなら、「から」と「ので」は話し言葉で、
「ため」は書き言葉だからです。
 
話し言葉を使うと、親しみが増すと同時に、
良くも悪くも、文章が軽くなります
(「から」と「ので」では「から」のほうが、より軽い印象)。
 
一方、書き言葉の場合、話し言葉よりも堅めの印象ですが、
文章としての「座り」はいい。
文章を書くときには、まず書き言葉である「ため」を検討したうえで、
状況に応じて(「親しみを出したい」「文章を軽くしたい」等の目的がある場合は)、
「から」や「ので」を検討すればいいでしょう。
 
なお、接続詞にも同じことが言えます。
 
だから、回避した。
なので、回避した。
そのため、回避した。
 
文章では、書き言葉である「そのため」がフォーマルで無難です。
「そのため」が堅いと感じるのであれば、
「だから」や「なので」の使用を検討すればいいでしょう。
 
信頼性を重視するビジネス文書などで、
不用意に「から」や「ので」を使うと、読む人に失礼な印象を与えかねません。
十分に注意が必要です。

※・※・※・※・※・※・※・※・※・※・※・※・※・※・※
◎執筆、講演、研修、取材の依頼はお気軽に
↓ ↓ ↓ ↓ ↓
お問い合わせ
★日本初! 決して「書かずに」みるみる文章が上達するトレーニング方法!
書かずに文章がうまくなるトレーニング』(サンマーク出版)
★メールからSNSまで。文章コミュニケーションを武器にする方法!
だから、読み手に伝わらない! もう失敗しない文章コミュニケーションの技術』(実務教育出版)
★セールス文から企画書作りまで。社会人必須の“売る”文章術!
買わせる文章が「誰でも」「思い通り」に書ける101の法則』(明日香出版社)
★中学生にも分かる! 「ダメな文章」が「伝わる文章」に変わる!
伝わる文章が「速く」「思い通り」に書ける 87の法則 』(明日香出版社)
★会話力・コミュニケーション力を高めたい方へ
どんな人ともドギマギせずに会話がふくらむコツを集めました! 』(三笠書房)
★ベストセラーの電子書籍
ダメな文章を達人の文章にする31の方法 〜なぜ、あなたの文章はわかりにくいのか?〜
★『ダメな文章を達人の文章にする31の方法』の続編となる電子書籍
文章が変わると人生が変わる!文章力アップ33の方法〜

記事はお役に立ちましたか?

以下のソーシャルボタンで共有してもらえると嬉しいです。

 ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓
Pocket