山口拓朗公式サイト

伝わる文章の書き方/「句点」と「読点」はどちらが大事?

Pocket

「句点」と「読点」はどちらが大事でしょうか?
句点はマルで、読点はテンです。
どちらも大事に決まっています。
と言いたいところですが、圧倒的に「読点」が大事です。
まずは次の文章をお読みください。
そのランナーは全速力で先を走るランナーを追いかけた。
はい、ここで質問です。
全速力で走っているのはどちらでしょうか?
そのランナー? それとも、先を走るランナー?
読点のない上記の文章では判断がつきません。
では、全速力で走っているのが「そのランナー」の場合、読点はどこに打てばいいでしょうか。
答えは次のようになります。
そのランナーは全速力で、先を走るランナーを追いかけた。
一方、全速力で走っているのが「先を走るランナー」の場合、読点はどこに打てばいいでしょうか。
答えは次のようになります。
そのランナーは、全速力で先を走るランナーを追いかけた。
※本来なら文章をいじるところですが、ここでは読点の重要性を説明するために、あえて文章はいじりません。
読点をどこに打つかは自由ですが(読みやすさを重視するのがベター)、言葉の意味を変えてしまう読点については十分に気をつけましょう。
ちなみに、プロのライターが媒体に記事を書く場合は、媒体によって読点の打ち方を変化させます。
個人的な傾向としては、趣味系の媒体ほど読点を多く打ち、インテリ系、ビジネス系の媒体ほど読点を少なく打っています。
ふつう媒体というのは、ターゲットとなる読者に適した文章スタイルを採用していますので、そのスタイルに準ずる必要があります(意味が分かりにくくなる読点の増減はできるだけ避けたいですが……)。
もちろん、書き手のキャラクターを重視する媒体(企画)であれば、語調やノリを重視して読点を打っても構わないでしょう。
※・※・※・※・※・※・※・※・※・※・※・※・※・※・※
◎仕事・ブランディングにブログを活用しよう
投稿添削特典付き(21日間)の文章スクール
↓ ↓ ↓ ↓ ↓
山口拓朗ライティング塾

◎執筆、講演、取材の依頼はお気軽に
↓ ↓ ↓ ↓ ↓
お問い合わせ
★中学生にも分かる! 「ダメな文章」が「伝わる文章」に変わる!
【絶賛発売中】山口拓朗著
伝わる文章が「速く」「思い通り」に書ける 87の法則 』(明日香出版社)
★会話力・コミュニケーション力を高めたい方へ
【好評発売中】山口拓朗著
どんな人ともドギマギせずに会話がふくらむコツを集めました! 』(三笠書房)
★ベストセラーの電子書籍
【Kindle版】山口拓朗著
ダメな文章を達人の文章にする31の方法 〜なぜ、あなたの文章はわかりにくいのか?〜
★『ダメな文章を達人の文章にする31の方法』の続編
【Kindle版】山口拓朗著
文章が変わると人生が変わる!文章力アップ33の方法〜

記事はお役に立ちましたか?

以下のソーシャルボタンで共有してもらえると嬉しいです。

 ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓
Pocket