山口拓朗公式サイト

伝わる文章の書き方/「に」と「で」の違い

Pocket

次のどちらが正しいでしょうか?
<1>:公園に行く
<2>:公園へ行く
「に」は目的地(移動や変化の結果)、「へ」は方向(移動や変化の過程)に重心を置いた言葉です。
公園は目的地なので、<1>が正しいです……といいたいところですが、公園を目指すという意味では、方向を示しているといえなくもありません。
つまり、<1>と<2>のどちらも使うことができます。
ただし、方向ではなく、限定的な事柄を示す以下のようなケースで「へ」を使うと違和感があります。
【「へ」が使えないケース】
×講演会へ行く ◎講演会に行く
×旅行へ行く ◎旅行に行く
×野球へ行く ◎野球に行く
×選挙へ行く ◎選挙に行く
一方、方向を強調する以下のようなケースでは、逆に「に」を使うことができません。
【「に」が使えないケース】
×学校にの道 ◎学校への道
×表に出ろ ◎表へ出ろ
×前にと突き進む ◎前へと突き進む
個人的な印象としては「に」のほうが適用範囲が広く、「へ」のほうが適用範囲が狭いという気がします。
「へ」の多くは「に」に置き換えることができますが、逆に「に」から「へ」は、置き換えにくいケースもあります。
なんだかややこしいなあ、とう方は、ひとまず「へ」を使わなければいけないケースだけ押さえておきましょう。
※・※・※・※・※・※・※・※・※・※・※・※・※・※・※
◎仕事・ブランディングにブログを活用しよう
投稿添削特典付き(21日間)の文章スクール
↓ ↓ ↓ ↓ ↓
山口拓朗ライティング塾

◎執筆、講演、取材の依頼はお気軽に
↓ ↓ ↓ ↓ ↓
お問い合わせ
★中学生にも分かる! 「ダメな文章」が「伝わる文章」に変わる!
【絶賛発売中】山口拓朗著
伝わる文章が「速く」「思い通り」に書ける 87の法則 』(明日香出版社)
★会話力・コミュニケーション力を高めたい方へ
【好評発売中】山口拓朗著
どんな人ともドギマギせずに会話がふくらむコツを集めました! 』(三笠書房)
★ベストセラーの電子書籍
【Kindle版】山口拓朗著
ダメな文章を達人の文章にする31の方法 〜なぜ、あなたの文章はわかりにくいのか?〜
★『ダメな文章を達人の文章にする31の方法』の続編
【Kindle版】山口拓朗著
文章が変わると人生が変わる!文章力アップ33の方法〜

記事はお役に立ちましたか?

以下のソーシャルボタンで共有してもらえると嬉しいです。

 ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓
Pocket