山口拓朗公式サイト

伝わる文章の書き方/「こと」の使い方に注意

Pocket

<例文>
情報の共有システムが確立されていないということは、このプロジェクトを運営するうえでマイナスなことだ。
「こと」という言葉は、じつにさまざまなシチュエーションで使われます。
「~ということだ」(伝聞)、「寝坊することがある」(場合)、「行ったことがある」(経験)、「そこまですることはない」(必要)、「努力しただけのことはある」(価値)などが代表的なものです(ほかにもたくさんあります)。
例文の「こと」は、「状態や事柄、程度などを強調する」という意味で使われています。
最初の「こと」は、<情報の共有システムが確立されていない>という事柄を強調したもので、次の「こと」は<マイナス>という事柄を強調しています。
もちろん、意味は伝わります。
ただし、強調というのは、ここぞというときに使わなければ効果が得られません。
「キミ、情報の共有システムが確立されていないということが、何を意味しているのか分かっているのか?」
こんなセリフに使うのであれば、いいかもしれません(笑)
一方で、強調の「こと」を不用意に用いた文章は、読者にとって読みづらいものになりがちです。
例文に関していうなら、あえて「こと」を使わなくてもいいような気がします(少なくとも連続して使用するのはナンセンスです)。
例文から「こと」を外して、文章をすっきりさせてみましょう。
<例文の修正>
情報の共有システムが確立されていないのは、このプロジェクトを運営するうえでマイナスだ。
いかがでしょうか?
読みやすくなったと思います。
強調の「こと」を使うときには、本当にその「こと」が必要なのか、別の表現に言い換えることはできないのか、考えるようにしましょう。
※・※・※・※・※・※・※・※・※・※・※・※・※・※・※
◎仕事・ブランディングにブログを活用しよう
投稿添削特典付き(21日間)の文章スクール
↓ ↓ ↓ ↓ ↓
山口拓朗ライティング塾

◎執筆、講演、取材の依頼はお気軽に
↓ ↓ ↓ ↓ ↓
お問い合わせ
★中学生にも分かる! 「ダメな文章」が「伝わる文章」に変わる!
【絶賛発売中】山口拓朗著
伝わる文章が「速く」「思い通り」に書ける 87の法則 』(明日香出版社)
★会話力・コミュニケーション力を高めたい方へ
【好評発売中】山口拓朗著
どんな人ともドギマギせずに会話がふくらむコツを集めました! 』(三笠書房)
★ベストセラーの電子書籍
【Kindle版】山口拓朗著
ダメな文章を達人の文章にする31の方法 〜なぜ、あなたの文章はわかりにくいのか?〜
★『ダメな文章を達人の文章にする31の方法』の続編
【Kindle版】山口拓朗著
文章が変わると人生が変わる!文章力アップ33の方法〜

記事はお役に立ちましたか?

以下のソーシャルボタンで共有してもらえると嬉しいです。

 ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓
Pocket