山口拓朗公式サイト

伝わる文章の書き方/倒置法で、表現の幅を広げよう

Pocket

私は死んでも構わないと思った、あの人にこの思いが届くなら。
この文章は倒置法です。
倒置法とは、通常の語順をひっくり返して使う修辞法(言葉を美しく巧みに使って、効果の高い表現をする手法)です。
冒頭の例文を通常の語順に直すと、次のようになります。
あの人にこの思いが届くなら、私は死んでも構わないと思った。
倒置法の効果には、次のようなものがあります。
◎倒置した文章の印象を強める
◎意外性を狙う
◎感情や感激をありのままに表現する
◎調子に変化をつけて、余情や味わいを生む
◎読み手の気持ちを引きつける。
倒置法を使った文章をほかにも見てみましょう。
▲オレは憤慨した、この悪行に対して。
▲それにしても大きいな、このビルは。
▲いつまで続くというのだ、この不景気は。
▲いやぁ、困ったもんだね、君にも。
▲彼女に任せていいものか、これほど重要なプロジェクトのまとめ役を。
▲私は長い間、自分自身を語ることを怖れ続けてきた。仕事のことも、家族のことも、それに、自分が描いている夢のことも。
むやみやたらに使うと、強調の意味が薄まります。また、単に不自然な文章を書く人だと思われてしまう可能性があります。
加えて、倒置法は、表現としての効果を狙った修辞法ですので、客観的な事実を記すビジネス文章や論文には向きません。
一方で、主観的な日記やエッセイや批評。あるいは、劇的な効果を必要とする小説や詩には有効です。
倒置法を使う場合は、読み手に「これは倒置法ですよ」と分かるくらいの使い方をするほうが、スマートかもしれません。
※・※・※・※・※・※・※・※・※・※・※・※・※・※・※
◎仕事・ブランディングにブログを活用しよう
投稿添削特典付き(21日間)の文章スクール
↓ ↓ ↓ ↓ ↓
山口拓朗ライティング塾

◎執筆、講演、取材の依頼はお気軽に
↓ ↓ ↓ ↓ ↓
お問い合わせ
★中学生にも分かる! 「ダメな文章」が「伝わる文章」に変わる!
【絶賛発売中】山口拓朗著
伝わる文章が「速く」「思い通り」に書ける 87の法則 』(明日香出版社)
★会話力・コミュニケーション力を高めたい方へ
【好評発売中】山口拓朗著
どんな人ともドギマギせずに会話がふくらむコツを集めました! 』(三笠書房)
★ベストセラーの電子書籍
【Kindle版】山口拓朗著
ダメな文章を達人の文章にする31の方法 〜なぜ、あなたの文章はわかりにくいのか?〜
★『ダメな文章を達人の文章にする31の方法』の続編
【Kindle版】山口拓朗著
文章が変わると人生が変わる!文章力アップ33の方法〜

記事はお役に立ちましたか?

以下のソーシャルボタンで共有してもらえると嬉しいです。

 ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓
Pocket