山口拓朗公式サイト

伝わる文章の書き方/自分の言葉をもっていますか?

Pocket

文章を書くとき、あるいは、話をするときに、「自分の言葉」で語れていますか?
多くの経験を積むことは確かに大切です。しかし、大切なのは経験の量ではありません。たとえ経験が少なかったとしても、その経験を自分の言葉で語ることができれば、その方は、周囲から魅力的な人に映るはずです。
知人Aは年間300本の映画を鑑賞しています。いつごろ公開されたか、どんなストーリーだったか、誰が出演していたか、そのほとんどを記憶しています。まるで歩く映画博物館です。
一方、知人Bの映画鑑賞数は、年間20本程度。誰が出演しているかにはほとんど興味なく、ストーリーもよく覚えていません。しかし、自分が気に入った映画については、徹底的にその魅力を語ることができます。
「先週末は久しぶりに映画3本をハシゴしました。見逃していた『ダークナイトライジング』もようやく観ることができましたよ!」と語る知人A。
「大好きなのは『トイ・ストーリー3』です。あの映画には人生の機微が詰まっています。相思相愛にもかかわらず、アンディとおもちゃたちは、お互いが、相手の未来を思って、あえて“別れ”を選択します。その選択は「利他の精神」そのもの。寂しさと嬉しさを同時に感じたのは、後にも先にもこの映画を観たときだけです」と語る知人B。
皆さんならどちらの言葉に魅力を感じるでしょうか? おそらく知人Bかと思います。
経験の量を語る知人Aよりも、ひとつの作品を自分なりに消化して「自分の言葉」として語れる知人Bの話は、いつでも聞く人に強い印象を残します。
いくら経験が豊富でも、その経験を自分なりに消化し、自分の言葉で語れなければ、他人の心は動かせません。
おそらく「自分の言葉」で語る重要性は、入社面接、天職面接、会議、ミーティング、デート、飲み会……など、あらゆるシチュエーションで求められているはずです。もちろん、メールや手紙、ソーシャルメディアの文章などでも。
あなたは「自分の言葉」を持っていますか?
※・※・※・※・※・※・※・※・※・※・※・※・※・※・※
◎仕事・ブランディングにブログを活用しよう
投稿添削特典付き(21日間)の文章スクール
↓ ↓ ↓ ↓ ↓
山口拓朗ライティング塾

◎執筆、講演、取材の依頼はお気軽に
↓ ↓ ↓ ↓ ↓
お問い合わせ
★中学生にも分かる! 「ダメな文章」が「伝わる文章」に変わる!
【絶賛発売中】山口拓朗著
伝わる文章が「速く」「思い通り」に書ける 87の法則 』(明日香出版社)
★会話力・コミュニケーション力を高めたい方へ
【好評発売中】山口拓朗著
どんな人ともドギマギせずに会話がふくらむコツを集めました! 』(三笠書房)
★ベストセラーの電子書籍
【Kindle版】山口拓朗著
ダメな文章を達人の文章にする31の方法 〜なぜ、あなたの文章はわかりにくいのか?〜
★『ダメな文章を達人の文章にする31の方法』の続編
【Kindle版】山口拓朗著
文章が変わると人生が変わる!文章力アップ33の方法〜

記事はお役に立ちましたか?

以下のソーシャルボタンで共有してもらえると嬉しいです。

 ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓
Pocket