山口拓朗公式サイト

伝わる文章の書き方/日本語特有の「主格の省略」に甘えない

Pocket

日本語は主語を省略しても伝わるたいへん便利な言葉です。
「お腹が空いた」と言うときに、 わざわざ「私はお腹が空いた」と言う必要がありません。しかし、肝心な場面で主語を省略すると誤解やトラブルを招きかねないので、注意が必要です。
<例1>
通常は二人一組で 荷物をチェックする規則に従っています。ところが今回は、その規則に従わなかったために、このような紛失事故が起きてしまいました。
事故の原因は分かりましたが、この文章では、責任の所在が、はっきりしません。
<例1の修正>
通常、私たちは二人一組で 荷物をチェックする規則に従っています。ところが今回は、その規則に従わず、私がひとりでチェックしてしまったために、このような紛失事故が起きてしまいました。
「私たちは」「私が」という 主語を入れることで、責任の所在がはっきりしました。
事実を正確に伝える必要がある場面では、日本語特有の「主語の省略」に甘えないようにしましょう。
※・※・※・※・※・※・※・※・※・※・※・※・※・※・※
◎仕事・ブランディングにブログを活用しよう
投稿添削特典付き(21日間)の文章スクール
↓ ↓ ↓ ↓ ↓
山口拓朗ライティング塾

◎執筆、講演、取材の依頼はお気軽に
↓ ↓ ↓ ↓ ↓
お問い合わせ
★中学生にも分かる! 「ダメな文章」が「伝わる文章」に変わる!
【絶賛発売中】山口拓朗著
伝わる文章が「速く」「思い通り」に書ける 87の法則 』(明日香出版社)
★会話力・コミュニケーション力を高めたい方へ
【好評発売中】山口拓朗著
どんな人ともドギマギせずに会話がふくらむコツを集めました! 』(三笠書房)
★ベストセラーの電子書籍
【Kindle版】山口拓朗著
ダメな文章を達人の文章にする31の方法 〜なぜ、あなたの文章はわかりにくいのか?〜
★『ダメな文章を達人の文章にする31の方法』の続編
【Kindle版】山口拓朗著
文章が変わると人生が変わる!文章力アップ33の方法〜

記事はお役に立ちましたか?

以下のソーシャルボタンで共有してもらえると嬉しいです。

 ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓
Pocket