山口拓朗公式サイト

伝わる文章の書き方/書いたら半分に削る

Pocket

リズムが悪く読みにくい文章には、えてしてムダな言葉が多いものです。読みやすい文章にするためには、ムダな言葉を削るしかありません。
書き上げた文章を半分に削る。これが、一番いいトレーニングです。
1000文字書いたら500文字に、500文字書いたら250文字に、250文字書いたら120文字に、おもい切って削るのです。
なぜ削ると読みやすくなるのでしょう?
それは、人は削るときに、必要のない言葉から順番に削っていこうとするからです。
●昨日、地元のソフトバンクで最新のiPhone5を買いました。
上記の文章を約半分に縮めると、
●昨日、iPhone5を買いました。

●iPhone5を買いました。
となるでしょう。
まさか「iPhone5」という言葉を削って、次のような文章にする人は、いないでしょう。
●昨日、ソフトバンクで買いました。
こんな書き方をすれば、読み手に「何を買ったの?」と思われてしまうだけです。
削るときは、とくに形容詞や語尾のムダから削っていくといいでしょう。
とても美味しい夕食だったと思います。

美味しい夕食でした。
という具合です。ぜひお試しください。
※・※・※・※・※・※・※・※・※・※・※・※・※・※・※
◎仕事・ブランディングにブログを活用しよう
投稿添削特典付き(21日間)の文章スクール
↓ ↓ ↓ ↓ ↓
山口拓朗ライティング塾

◎執筆、講演、取材の依頼はお気軽に
↓ ↓ ↓ ↓ ↓
お問い合わせ
★中学生にも分かる! 「ダメな文章」が「伝わる文章」に変わる!
【絶賛発売中】山口拓朗著
伝わる文章が「速く」「思い通り」に書ける 87の法則 』(明日香出版社)
★会話力・コミュニケーション力を高めたい方へ
【好評発売中】山口拓朗著
どんな人ともドギマギせずに会話がふくらむコツを集めました! 』(三笠書房)
★ベストセラーの電子書籍
【Kindle版】山口拓朗著
ダメな文章を達人の文章にする31の方法 〜なぜ、あなたの文章はわかりにくいのか?〜
★『ダメな文章を達人の文章にする31の方法』の続編
【Kindle版】山口拓朗著
文章が変わると人生が変わる!文章力アップ33の方法〜

記事はお役に立ちましたか?

以下のソーシャルボタンで共有してもらえると嬉しいです。

 ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓
Pocket