山口拓朗公式サイト

相手の欲しいものを差し出す人は好かれます

Pocket

%E9%80%A3%E8%BC%8930.jpg
相手の欲しがっているものを
差し出すことのできる人は、
誰からも好かれます。
仕事でも
成果をあげることができます。
一例を挙げます。
雑誌の編集部には、
売り出し中のタレントの
マネージャーや宣伝担当者が、
ひんぱんにあいさつにやって来ます。
売り出し中につき、
雑誌で取り上げてもらいたいのです。
さて、次のマネージャーAとBは、
どちらが優秀でしょうか?
<マネージャーA>
「こんど○○の新曲がリリースされます」
「こんど○○は舞台に出ます」
「こんど○○はCMに出ます」
「こんど○○は映画に出ます」……等々、
タレントの活動状況を話す。
<マネージャーB>
「○○は料理が大の得意なんです。
 しかもおふくろの味系です」
「最近○○は趣味でカメラを始めました。
 街の看板ばかりを撮っています」
「ただいま○○は1カ月で5キロの
 ダイエットに挑戦中です」……等々、
タレントのプライベート情報を話す。
優秀なのはマネージャーBです。
なぜなら、雑誌というのは、
単なる商品紹介の場ではありません。
編集者は読者が興味を引くものを
企画にしていかなければなりません。
売り出し中のタレントでいうなら
単なる「商品(曲や舞台や映画)」よりも、
「人柄や人間性(趣味や特技)」のほうが、
企画のネタになりやすいのです。
(人気タレントであれば話は別ですが…)
「街の看板を撮影してるって、
 変わってますね(笑)
 うちで街の風景をテーマにした
 フォトエッセイでも連載しますか?」
となるわけです。
もちろん、
フォトエッセイの企画であっても、
プロフィール欄には
本人の活動情報が入りますので、
タレント側のプロモーション効果も
十分に得られるわけです。
ふたりのマネージャーの違いは、
相手(雑誌編集部)にメリットのある
情報を与えられているか否か、です。
これは仕事に限ったことではありません。
コミュニケーション上手な人は、
自分のアピールではなく、
相手が欲しいものを
差し出す力に長けているのです。
※・※・※・※・※・※・※・※・※・※・※・※・※・※・※
◎仕事・ブランディングにブログを活用しよう
投稿添削特典付き(21日間)の文章スクール
↓ ↓ ↓ ↓ ↓
山口拓朗ライティング塾

◎執筆、講演、取材の依頼はお気軽に
↓ ↓ ↓ ↓ ↓
お問い合わせ
★中学生にも分かる! 「ダメな文章」が「伝わる文章」に変わる!
【絶賛発売中】山口拓朗著
伝わる文章が「速く」「思い通り」に書ける 87の法則 』(明日香出版社)
★会話力・コミュニケーション力を高めたい方へ
【好評発売中】山口拓朗著
どんな人ともドギマギせずに会話がふくらむコツを集めました! 』(三笠書房)
★ベストセラーの電子書籍
【Kindle版】山口拓朗著
ダメな文章を達人の文章にする31の方法 〜なぜ、あなたの文章はわかりにくいのか?〜
★『ダメな文章を達人の文章にする31の方法』の続編
【Kindle版】山口拓朗著
文章が変わると人生が変わる!文章力アップ33の方法〜

記事はお役に立ちましたか?

以下のソーシャルボタンで共有してもらえると嬉しいです。

 ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓
Pocket