山口拓朗公式サイト

でも、だって、けど、ていうか…の常習者になっていませんか?

Pocket

%E9%80%A3%E8%BC%8954.jpg
あなたの周りに、
何を話しても、すぐに否定的なこと、
非難めいたことを言い返してくる
人はいないでしょうか? 
話したことを、
即座に否定されて、
嬉しい人はいません。
場合によっては、
相手に嫌悪感を抱くでしょう。
逆にいえば、
人に好意をもたれたいのであれば、
相手の話を即座に
否定しないことが大切です。
相手を否定することが、
クセになっている人は、
次のような言葉を
使っている可能性があります。
・でも
・だって
・けど(だけど)
・ていうか
<例1>
Aさん:「ねーねー、見てよ、
このパイナップルたったの
150円だったの」
Bさん:「ふーん。でも、
安い価格の裏には
きっと何かあるよね」
Aさん:「え、まあ……」
<例2>
Cさん:「新居、なかなかいいよ!
目と鼻の先にスーパーがあって
生活しやすいんだ」
Dさん:「けど、会社まで1時間だっけ? 
ちょっと遠すぎでしょ」
Cさん:「……」
たしかに150円の裏には
何か事情があるかもしれません。
会社まで1時間の自宅が
遠すぎるという人もいるでしょう。
しかし、相手が話す言葉を
一度も受け止めずに
「でも」や「けど」で言葉を返すのは、
相手を攻撃しているのも同じです。
・でも
・だって
・けど(だけど)
・ていうか
こうした言葉の
常習者にならないよう
気をつけたいものです。
※・※・※・※・※・※・※・※・※・※・※・※・※・※・※
◎仕事・ブランディングにブログを活用しよう
投稿添削特典付き(21日間)の文章スクール
↓ ↓ ↓ ↓ ↓
山口拓朗ライティング塾

◎執筆、講演、取材の依頼はお気軽に
↓ ↓ ↓ ↓ ↓
お問い合わせ
★中学生にも分かる! 「ダメな文章」が「伝わる文章」に変わる!
【絶賛発売中】山口拓朗著
伝わる文章が「速く」「思い通り」に書ける 87の法則 』(明日香出版社)
★会話力・コミュニケーション力を高めたい方へ
【好評発売中】山口拓朗著
どんな人ともドギマギせずに会話がふくらむコツを集めました! 』(三笠書房)
★ベストセラーの電子書籍
【Kindle版】山口拓朗著
ダメな文章を達人の文章にする31の方法 〜なぜ、あなたの文章はわかりにくいのか?〜
★『ダメな文章を達人の文章にする31の方法』の続編
【Kindle版】山口拓朗著
文章が変わると人生が変わる!文章力アップ33の方法〜

記事はお役に立ちましたか?

以下のソーシャルボタンで共有してもらえると嬉しいです。

 ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓
Pocket