山口拓朗公式サイト

「否定的な言葉」は「肯定的な言葉」に置き換えよう!

Pocket

%E9%80%A3%E8%BC%8937.jpg
人は、言われた「内容」ではなく、
「言い方」に傷つく(怒りを感じる)
ときがあります。
否定的、批判的な言葉を
吐きたくなったときは、
「この言葉を肯定的な言葉に
置き換えることはできないかな?」
と考えるといいでしょう。
つまり、言い方を変えるのです。
<例文1>
「そんな考えでいるから、
 いつまでもダメなんだよ」

<例文1を言い換え>
「少し考え方を変えるだけで、
 いい方向に向かうかもしれないよ」
<例文2>
「1時間も人を待たせて何様のつもりだよ!」

<例文2を言い換え>
「1時間も来ないから心配したよ」
<例文3>
「その飽きっぽい性格、なんとかならないの?」

<例文3を言い換え>
「その旺盛な好奇心には驚かされるよ」
もちろん、
意見や考えを
ストレートに伝えることも、
ときには必要でしょう。
しかし、ただ感情まかせに、
否定的、批判的な言葉を
吐いているだけだとしたら、
相手に煙たがられる可能性があります。
相手になにかしらの
変化を求めるのであれば、
なおさら、
「感情的なものの言い方」は
避けたほうがいいでしょう。
人は傷つけられると(怒りを覚えると)
たとえ、その否定や批判が
正しいと感じていても、
心理的に拒絶、
反発したくなるものだからです。
感情まかせにものを言う
→相手を傷つける(怒らせる)
→反目し合う。
何一ついい事はありません。
気持ちを言葉にする前に、
否定的&批判的な言葉を
肯定的な言葉に
置き換えられないか、
考えるクセをつけましょう。
言葉の言い方を
少し変えるだけで、
相手との関係性が、
大きく変わるはずです。
※・※・※・※・※・※・※・※・※・※・※・※・※・※・※
◎仕事・ブランディングにブログを活用しよう
投稿添削特典付き(21日間)の文章スクール
↓ ↓ ↓ ↓ ↓
山口拓朗ライティング塾

◎執筆、講演、取材の依頼はお気軽に
↓ ↓ ↓ ↓ ↓
お問い合わせ
★中学生にも分かる! 「ダメな文章」が「伝わる文章」に変わる!
【絶賛発売中】山口拓朗著
伝わる文章が「速く」「思い通り」に書ける 87の法則 』(明日香出版社)
★会話力・コミュニケーション力を高めたい方へ
【好評発売中】山口拓朗著
どんな人ともドギマギせずに会話がふくらむコツを集めました! 』(三笠書房)
★ベストセラーの電子書籍
【Kindle版】山口拓朗著
ダメな文章を達人の文章にする31の方法 〜なぜ、あなたの文章はわかりにくいのか?〜
★『ダメな文章を達人の文章にする31の方法』の続編
【Kindle版】山口拓朗著
文章が変わると人生が変わる!文章力アップ33の方法〜

記事はお役に立ちましたか?

以下のソーシャルボタンで共有してもらえると嬉しいです。

 ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓
Pocket