山口拓朗公式サイト

神社参拝のときに神様の声に耳を傾けていますか?

Pocket

%E9%80%A3%E8%BC%8960.jpg
神社を参拝するときに、
あるいは神棚に手を合わせるとき、
神様の声に耳を傾けていますか?
私は、すべての人や物、事象とは、
双方向のコミュニケーションが
成り立つと考えています。
たとえば、食事をするときに、
何も考えずに食べるのは「一方向」です。
しかし、「いただきます」を言い、
自分に命を捧げてくれる自然界に
感謝しながら食べるのは「双方向」です。
参拝するときに、
願いごとをする人は多いと思いますが、
こちらから願いごとをするだけ、
感謝の気持ちを伝えるだけでは、
「一方向」で終わってしまいます。
私の場合は、
願いごともしますが、
神様の声も聞くようにしています。
どうすれば、
神様の声が聞けるのでしょうか?
それは「無心」になることです。
すると、神様の声が聞こえてきます。
風がピューっと吹き、
小鳥がさえずることがあれば、
突如、曇り空が割れて、
太陽の光が注がれてることもあります。
心のなかに何かしらの情景が浮かぶこともあれば、
腹の底にポンと明確なメッセージが、
届くようなときもあります。
ただただ静寂が続く——それも神様の声です。
神様の声は、どんな形で現れるか分かりません。
もしも、私の後ろで参拝を待つ見ず知らずの子供が、
「お母さん、お参り、疲れたよ〜」と言えば、
それが神様の声かもしれません(笑)
世の中に存在する人、物、事象には、
すべてエネルギー(気)がありますので、
それを「一方向」で送るだけ(受け取るだけ)では、
必ずエネルギーが「停滞→腐敗」します。
ですので、どんなシチュエーションでも、
双方向でコミュニケーションを
図る必要があるのです。
神社参拝時に神様の声を聞く。
「私って、一方向のコミュニケーションが多いかも…」
という方は、ぜひお試しのほど。
※・※・※・※・※・※・※・※・※・※・※・※・※・※・※
◎仕事・ブランディングにブログを活用しよう
投稿添削特典付き(21日間)の文章スクール
↓ ↓ ↓ ↓ ↓
山口拓朗ライティング塾

◎執筆、講演、取材の依頼はお気軽に
↓ ↓ ↓ ↓ ↓
お問い合わせ
★中学生にも分かる! 「ダメな文章」が「伝わる文章」に変わる!
【絶賛発売中】山口拓朗著
伝わる文章が「速く」「思い通り」に書ける 87の法則 』(明日香出版社)
★会話力・コミュニケーション力を高めたい方へ
【好評発売中】山口拓朗著
どんな人ともドギマギせずに会話がふくらむコツを集めました! 』(三笠書房)
★ベストセラーの電子書籍
【Kindle版】山口拓朗著
ダメな文章を達人の文章にする31の方法 〜なぜ、あなたの文章はわかりにくいのか?〜
★『ダメな文章を達人の文章にする31の方法』の続編
【Kindle版】山口拓朗著
文章が変わると人生が変わる!文章力アップ33の方法〜

記事はお役に立ちましたか?

以下のソーシャルボタンで共有してもらえると嬉しいです。

 ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓
Pocket