山口拓朗公式サイト

コミュニケーションは「一方向」ではなく「双方向」です

Pocket

73.jpg
歌を聴いたときに、いいなあ、と思うのは、
そこに気持ちの共有・共感が
発生するからではないでしょうか?
懐かしいなあ、せつないなあ、癒される〜、元気になる〜!
楽しいなあ! その気持ち分かる〜! などなど。
歌は、歌い手が一方的に放つものではなく、
聴き手の感情が揺さぶられたときに、
はじめて「歌になる」のかもしれません。
ポイントは「双方向」、
つまりは、やり取りです。
それは、会話でも同じです。
たとえば、授業で先生が一方的に話す。
あるいは、会議で発言力のある人だけが説法する。
子供の気持ちを受け止めることなく、
親が自分の期待と都合ばかりを押し付ける。
これらも会話のようであって、
じつは会話ではありません。
相手のレスポンスを認めていない、
あるいは、封じ込めているからです。
「双方向」ではないので、
いつかそこに亀裂や不和が生じます。
もし「いま△△さんとうまくいってない」
という方がいたら、
相手と双方向でコミュニケーションが
図れているかどうか、
確認する必要があるでしょう。
一方的に押し付けるのもよくありませんが、
一方的に受け取りすぎるのもよくありません。
「双方向」というのはキャッチボールです。
言葉をやりとりすること、
感情をやりとりすることで、
円滑な人間関係が築けます。
※・※・※・※・※・※・※・※・※・※・※・※・※・※・※
◎仕事・ブランディングにブログを活用しよう
投稿添削特典付き(21日間)の文章スクール
↓ ↓ ↓ ↓ ↓
山口拓朗ライティング塾

◎執筆、講演、取材の依頼はお気軽に
↓ ↓ ↓ ↓ ↓
お問い合わせ
★中学生にも分かる! 「ダメな文章」が「伝わる文章」に変わる!
【絶賛発売中】山口拓朗著
伝わる文章が「速く」「思い通り」に書ける 87の法則 』(明日香出版社)
★会話力・コミュニケーション力を高めたい方へ
【好評発売中】山口拓朗著
どんな人ともドギマギせずに会話がふくらむコツを集めました! 』(三笠書房)
★ベストセラーの電子書籍
【Kindle版】山口拓朗著
ダメな文章を達人の文章にする31の方法 〜なぜ、あなたの文章はわかりにくいのか?〜
★『ダメな文章を達人の文章にする31の方法』の続編
【Kindle版】山口拓朗著
文章が変わると人生が変わる!文章力アップ33の方法〜

記事はお役に立ちましたか?

以下のソーシャルボタンで共有してもらえると嬉しいです。

 ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓
Pocket