山口拓朗公式サイト

人に何かお願いをするときは「否定疑問」を使おう

Pocket

115.jpg
人に何かお願いをするときは、
「否定疑問」を使うといいでしょう。
否定疑問とは、
「否定疑問文(~しないの?/~ではないの?)」
という質問形式のこと。
「清掃に協力いただけますか?」と
「清掃に協力いただけないでしょうか?」
は、否定疑問を使っている後者のほうが、
聞き手の印象はいいはずです。
つまり「Yes」の答えを得やすいのです。
人には、多かれ少なかれ
「天の邪鬼」なところがあります。
つまり、人の言うことに逆らうような
言動、行動を取りたくなるものなのです。
「清掃に協力いただけますか?」
というお願いの仕方に対して、
“協力してくれるんだよね?”
という命令調のニュアンスを
感じ取る人もいるでしょう。
そうなると「天の邪鬼」が発動されて、
つい「No」と言ってしまうかもしれません。
一方、否定疑問を使った
「清掃に協力いただけないでしょうか?」には、
物腰の柔らかさ、謙虚さが感じられます。
すると、逆に人は「Yes」と
言いたくなってしまうものなのです。
「清掃に協力いただけないでしょうか?」の前に
「もしよろしければ〜」
「ご迷惑でなければ〜」
「もしお時間があれば〜」
という言葉でワンクッション置ければ、
より「Yes」を得やすくなるでしょう。
人は「内容」ではなく
「言い方」に反応するものです。
否定疑問を使うなどして、
謙虚な物言いができる人は、
良好な人間関係を築きやすいでしょう。
※・※・※・※・※・※・※・※・※・※・※・※・※・※・※
◎仕事・ブランディングにブログを活用しよう
投稿添削特典付き(21日間)の文章スクール
↓ ↓ ↓ ↓ ↓
山口拓朗ライティング塾

◎執筆、講演、取材の依頼はお気軽に
↓ ↓ ↓ ↓ ↓
お問い合わせ
★中学生にも分かる! 「ダメな文章」が「伝わる文章」に変わる!
【絶賛発売中】山口拓朗著
伝わる文章が「速く」「思い通り」に書ける 87の法則 』(明日香出版社)
★会話力・コミュニケーション力を高めたい方へ
【好評発売中】山口拓朗著
どんな人ともドギマギせずに会話がふくらむコツを集めました! 』(三笠書房)
★ベストセラーの電子書籍
【Kindle版】山口拓朗著
ダメな文章を達人の文章にする31の方法 〜なぜ、あなたの文章はわかりにくいのか?〜
★『ダメな文章を達人の文章にする31の方法』の続編
【Kindle版】山口拓朗著
文章が変わると人生が変わる!文章力アップ33の方法〜

記事はお役に立ちましたか?

以下のソーシャルボタンで共有してもらえると嬉しいです。

 ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓
Pocket