山口拓朗公式サイト

プロインタビュア 吉田豪さんのスゴさとは?

Pocket

128.jpg
先日、ドキュメンタリー番組「情熱大陸」で
プロインタビュアの吉田豪さんが
取り上げられていました。
吉田豪さんといえば、
サブカルから政治まで、
幅広いジャンルで活躍されている
売れっ子のインタビュアです。
番組内でも「さすがだなあ」と思わせる
インタビュー術がいくつもありました。
吉田さんの何がスゴいのか?
取材相手の懐に飛び込むのがうまい!
これに尽きます。
どんな取材相手に対しても、
タイミングを見計らって、
「この人、私の気持ち(考え)を
 わかってくれているんだなあ」
あるいは
「この人、私のことを
 ちゃんと見てくれているんだなあ」
と思うような言葉を発するのです。
吉田豪さんが
小泉今日子さんをインタビューした原稿に
次のようなものがありました。
「いきなりですが、
 新譜『コイズミ シャンソニエ』最高でした!
 ボク、『厚木I.C』が本当に好きで、
 いまでもすごいよく聴いているんですが、
 それに次ぐぐらいに良かったと思いますよ」
さすがです(笑)
さすがなのは、
新譜をホメたからではありません。
『厚木I.C』という古い作品を持ち出し、
新譜はその次によかった、
と具体的に話した点です。
この言葉の裏側にあるのは、
私はあなたの曲を全部聞いています、
というアピールです。
そのアピールを自然な形で
できてしまうところが、
吉田豪さんのスゴさでしょう。
先ほど吉田さんについて、
「取材相手の懐に飛び込むのがうまい」
と書きましたが、
それを可能にしているのは、
徹底した準備にほかなりません。
吉田さんは、
事前に取材相手について、
徹底的に調べ上げます。
取材相手に関連する
書籍や雑誌記事、動画などには、
ことごとく目を通すとのこと。
凡百のインタビュアであれば、
「新譜『コイズミ シャンソニエ』、よかったです」
で終わらせてしまうところで、
吉田さんは、個人的な感想として
『厚木I.C』を持ち出す。
そこにあるのは、
相手への「好意」です。
取材される立場としては、
自分とまっすぐ向き合ってくれている気がして
嬉しいものでしょう。
心もパカっと開くはずです。
徹底的に下調べする理由を聞かれて、
吉田さんは、次のように答えています。
「最低限の礼儀としてやること」
やはり、プロ中のプロは、
準備を怠りませんね。
いや、
準備に命さえかけている。
いいものを見させてもらいました。
※・※・※・※・※・※・※・※・※・※・※・※・※・※・※
◎仕事・ブランディングにブログを活用しよう
投稿添削特典付き(21日間)の文章スクール
↓ ↓ ↓ ↓ ↓
山口拓朗ライティング塾

◎執筆、講演、取材の依頼はお気軽に
↓ ↓ ↓ ↓ ↓
お問い合わせ
★中学生にも分かる! 「ダメな文章」が「伝わる文章」に変わる!
【絶賛発売中】山口拓朗著
伝わる文章が「速く」「思い通り」に書ける 87の法則 』(明日香出版社)
★会話力・コミュニケーション力を高めたい方へ
【好評発売中】山口拓朗著
どんな人ともドギマギせずに会話がふくらむコツを集めました! 』(三笠書房)
★ベストセラーの電子書籍
【Kindle版】山口拓朗著
ダメな文章を達人の文章にする31の方法 〜なぜ、あなたの文章はわかりにくいのか?〜
★『ダメな文章を達人の文章にする31の方法』の続編
【Kindle版】山口拓朗著
文章が変わると人生が変わる!文章力アップ33の方法〜

記事はお役に立ちましたか?

以下のソーシャルボタンで共有してもらえると嬉しいです。

 ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓
Pocket