山口拓朗公式サイト

体験談を話すときは、セリフや擬音を活用しよう!

Pocket

141.jpg
何か体験談を話すときは、
聞く人がイメージしやすいように、
セリフや擬音を使って、
臨場感を演出しましょう。
<例>
昨日、スーパーで会計をしようとしたら、
財布が見当たらないんですよ。
ちょうど銀行からおろした10万円を
入れていたものですから、
あせりまくりました。
心臓に悪かったです。
↑財布をなくしたかもしれない、
というエピソードですが、
淡々と話されると、
おもしろみが感じられません。
<例の修正>
昨日、スーパーで会計をしようとしたら、
「あれ? 財布がない!」ってなったんですよ。
「えー? なんで? まじ?
 銀行からおろしたばかりの10万円を
 入れたばっかりなのに〜」って
あせりまくりました(汗)
心臓がバクバクものでした。
いかがでしょう?
セリフや擬音を使うことで、
エピソードの伝わり方が、
より鮮明になりました。
「えー? なんで? まじ?」
は、実際に発した言葉ではありません。
しかし、こうした心情・心境も
あえてセリフ化することで、
聞き手が「慌てぶり」を
イメージしやすくなります。
多少の誇張は許容範囲でしょう。
もちろん、セリフ化した言葉
(かぎカッコ内の言葉)は、
まるで昨日のスーパーに
タイムスリップしたかのような気持で
口にする必要があります。
「心臓がバクバクもの」も、
「バクバク」の4文字を強調することで、
大きな鼓動の高鳴りを
表現することができます。
体験談を話すときは、
聞き手がエピソードを
リアルに追体験できるよう
積極的にセリフや擬音を活用しましょう。
※・※・※・※・※・※・※・※・※・※・※・※・※・※・※
◎仕事・ブランディングにブログを活用しよう
投稿添削特典付き(21日間)の文章スクール
↓ ↓ ↓ ↓ ↓
山口拓朗ライティング塾

◎執筆、講演、取材の依頼はお気軽に
↓ ↓ ↓ ↓ ↓
お問い合わせ
★中学生にも分かる! 「ダメな文章」が「伝わる文章」に変わる!
【絶賛発売中】山口拓朗著
伝わる文章が「速く」「思い通り」に書ける 87の法則 』(明日香出版社)
★会話力・コミュニケーション力を高めたい方へ
【好評発売中】山口拓朗著
どんな人ともドギマギせずに会話がふくらむコツを集めました! 』(三笠書房)
★ベストセラーの電子書籍
【Kindle版】山口拓朗著
ダメな文章を達人の文章にする31の方法 〜なぜ、あなたの文章はわかりにくいのか?〜
★『ダメな文章を達人の文章にする31の方法』の続編
【Kindle版】山口拓朗著
文章が変わると人生が変わる!文章力アップ33の方法〜

記事はお役に立ちましたか?

以下のソーシャルボタンで共有してもらえると嬉しいです。

 ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓
Pocket