山口拓朗公式サイト

ホメ言葉は素直に受け止めよう!

Pocket

142.jpg
人のホメ言葉は、
自分のためにも、相手のためにも、
喜んで受け取りましょう。
<例>
後藤さん:「山下さん、課長に昇進ですって?
      スゴいじゃないですか!」
山下さん:「いえいえ、たいしたことないですよ。
      まだまだヒヨッコです」
山下さんは謙遜していますが、
ホメている後藤さんに対して
「いえいえ〜」と言葉を返すのは、
ある種の否定です。
山下さん:「ありがとうございます!
      これからも頑張ります」
これくらい素直に答えたほうが、
ホメた後藤さんも、喜ぶでしょう。
どうしても謙遜したいのであれば、
(あるいは、本当に自分ではスゴい
 と思っていないなら)
いったん相手の言葉を
受け止めてからにしましょう。
山下さん:「ありがとうございます!
      まだまだヒヨッコですが、
      これからも頑張ります」
謙遜しすぎるのは、
自分のためにもよくありません。
なぜなら、自分の声は、
自分も聞いているからです。
「いえいえ(=スゴくない)」
「たいしたことない」
「ヒヨッコです」
↑これらの声を聞いた自分は、
その言葉通りに
自分の思考と行動を
合わせてしまうのです。
謙遜することで、
セルフイメージが下がってしまう。
これでは本末転倒です。
謙遜は日本人の美徳ともいわれていますが、
それも時と場合によるでしょう。
(ただし、謙虚な気持は大事ですよ!)
ホメ言葉は相手からのプレゼントです。
プレゼントは喜んで受け取りましょう。
相手のためにも、自分のためにも。
※・※・※・※・※・※・※・※・※・※・※・※・※・※・※
◎仕事・ブランディングにブログを活用しよう
投稿添削特典付き(21日間)の文章スクール
↓ ↓ ↓ ↓ ↓
山口拓朗ライティング塾

◎執筆、講演、取材の依頼はお気軽に
↓ ↓ ↓ ↓ ↓
お問い合わせ
★中学生にも分かる! 「ダメな文章」が「伝わる文章」に変わる!
【絶賛発売中】山口拓朗著
伝わる文章が「速く」「思い通り」に書ける 87の法則 』(明日香出版社)
★会話力・コミュニケーション力を高めたい方へ
【好評発売中】山口拓朗著
どんな人ともドギマギせずに会話がふくらむコツを集めました! 』(三笠書房)
★ベストセラーの電子書籍
【Kindle版】山口拓朗著
ダメな文章を達人の文章にする31の方法 〜なぜ、あなたの文章はわかりにくいのか?〜
★『ダメな文章を達人の文章にする31の方法』の続編
【Kindle版】山口拓朗著
文章が変わると人生が変わる!文章力アップ33の方法〜

記事はお役に立ちましたか?

以下のソーシャルボタンで共有してもらえると嬉しいです。

 ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓
Pocket