山口拓朗公式サイト

愛の告白をするときは「感情」と「体験」を伝えよう!

Pocket

145.jpg
好きな人に告白をするときに、
「付き合ってもらえませんか?」
と伝えるだけでは30点です。
これでは相手の感情は
ほとんど動かされないでしょう。
なぜなら「感情」や「体験」が
まったく伝えられていないからです。
「どうしてオレなの?」
と相手は聞くでしょう。
「好きだから」
あなたは答えるでしょう。
50点に上昇です。
ですが、
「好き」というひと言だけでは
「感情」を伝えたとはいえません。
大事なのは、
「なぜ好きなのか?」
「どうして好きなのか?」
という「感情」を伝えることです。
と同時に、好きになった経緯を
「体験」をベースに語りましょう。
「初めて話したときから
 優くてカッコいい人だなあ、って思ってて、
 みんなで遊びに行ったときも、
 すごく楽しかったよ。
 最近はシュンスケくんのことばかり考えてます。
 もっとたくさん一緒の時間をすごして、
 いろいろな話をしたいんだけど、
 付き合ってもらえませんか?」
いかがでしょう?
「感情」と「体験」が
盛り込まれています。
もちろん、
相手もこちらを好きであれば、
「付き合ってもらえませんか?」
「好きです」のひと言で
OKをもらえてしまうケースもあるでしょう。
ですが、多くの場合、
ただ「付き合ってほしい」
「好きです」と言われるよりも、
具体的に気持を伝えられたほうが
心に響くのではないでしょうか?
なにより
告白する側に悔いが残らなくていい!!!笑
「感情」と「体験」を盛り込んだ告白は、
もしかしたらOKをもらえないかもしれない……
というシチュエーションでこそ
真価を発揮するでしょう。
注1:上記の告白文は
   「こう言われてみたい」という
   私の妄想が78%を占めています(笑)
※・※・※・※・※・※・※・※・※・※・※・※・※・※・※
◎仕事・ブランディングにブログを活用しよう
投稿添削特典付き(21日間)の文章スクール
↓ ↓ ↓ ↓ ↓
山口拓朗ライティング塾

◎執筆、講演、取材の依頼はお気軽に
↓ ↓ ↓ ↓ ↓
お問い合わせ
★中学生にも分かる! 「ダメな文章」が「伝わる文章」に変わる!
【絶賛発売中】山口拓朗著
伝わる文章が「速く」「思い通り」に書ける 87の法則 』(明日香出版社)
★会話力・コミュニケーション力を高めたい方へ
【好評発売中】山口拓朗著
どんな人ともドギマギせずに会話がふくらむコツを集めました! 』(三笠書房)
★ベストセラーの電子書籍
【Kindle版】山口拓朗著
ダメな文章を達人の文章にする31の方法 〜なぜ、あなたの文章はわかりにくいのか?〜
★『ダメな文章を達人の文章にする31の方法』の続編
【Kindle版】山口拓朗著
文章が変わると人生が変わる!文章力アップ33の方法〜

記事はお役に立ちましたか?

以下のソーシャルボタンで共有してもらえると嬉しいです。

 ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓
Pocket