山口拓朗公式サイト

滑舌が悪い? それとも、聞き方が悪い?

Pocket

5299_516076335105278_1386029923_n.jpg
妻と神社参拝へ行くことになった。
自宅を出る直前に、
参拝方法について書いてある用紙を見ながら、
妻が、こんなことを言いました。
「えっと、今日行く神社の方角は……
 『家族的な関係の人を助ける。
  能力の発揮をもっと広い世界に
  知らせて、生かす。
  認知障害では重要な方向』
  なんだって。
  いまの私たちにぴったりかもね〜」
聞き流しながらも、
引っかかりを覚えました。
前半部分はいいとしても、
最後の一文、
「認知障害」のくだりが……。
私たちにぴったり?
認知障害?
ぴったり?
ド・ウ・イ・ウ・コ・ト・ダ???
違和感を覚えながらも、
その場では、
「へえー、そうなんだー」
と返事をしました。
参拝を終えてから数時間後……。
先ほど妻が読んでいた用紙が
テーブルに置いてあったので、
なんとなく読み始めました。
途中で、思わず「あっ!」と
声を上げました。
先ほど引っかかりを覚えた文章です。
こんなふうに書いてありました。
 『家族的な関係の人を助ける。
  能力の発揮をもっと広い世界に
  知らせて、生かす。
  人気商売では重要な方向』
あ、「認知障害」ではなく、
「人気商売」だったのかあ。
今日の教訓は、
極めてシンプルです。
教訓1:滑舌には気をつけましょう。
教訓2:人の話はしっかり聞きましょう。
教訓3:相手の言葉に引っかかりを覚えたら、
    その場で質問しましょう。
「おまえが言うな!」
というツッコミは、
ナシでお願いします……。
※・※・※・※・※・※・※・※・※・※・※・※・※・※・※
◎仕事・ブランディングにブログを活用しよう
投稿添削特典付き(21日間)の文章スクール
↓ ↓ ↓ ↓ ↓
山口拓朗ライティング塾

◎執筆、講演、取材の依頼はお気軽に
↓ ↓ ↓ ↓ ↓
お問い合わせ
★中学生にも分かる! 「ダメな文章」が「伝わる文章」に変わる!
【絶賛発売中】山口拓朗著
伝わる文章が「速く」「思い通り」に書ける 87の法則 』(明日香出版社)
★会話力・コミュニケーション力を高めたい方へ
【好評発売中】山口拓朗著
どんな人ともドギマギせずに会話がふくらむコツを集めました! 』(三笠書房)
★ベストセラーの電子書籍
【Kindle版】山口拓朗著
ダメな文章を達人の文章にする31の方法 〜なぜ、あなたの文章はわかりにくいのか?〜
★『ダメな文章を達人の文章にする31の方法』の続編
【Kindle版】山口拓朗著
文章が変わると人生が変わる!文章力アップ33の方法〜

記事はお役に立ちましたか?

以下のソーシャルボタンで共有してもらえると嬉しいです。

 ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓
Pocket