山口拓朗公式サイト

相手に「いいよ!」と言わせるお願いごとの仕方

Pocket

173.jpg
人からお願いごとをされるとき、
気持ちよく「いいよ!」と言えるときと、
イラっとして「ムリ!」と言ってしまうとき。
両方ありませんか?
(※相手との信頼関係は
 できている状態とします)
私もよくあります。
妻から「このゴミ、捨てといて」
と言われて、
気持ちよく「いいよ!」と言えるときと
イラっとして「自分で捨ててくれない?」
と言ってしまうときが (^.^;)
同じシチュエーションにも関わらず、
まったく異なる返事をしてしまうこと。
ありませんか?
このイエスとノーの差は
どこにあるのでしょうか?
ひとつには、
自分の心に余裕があるかどうか、
ではないでしょうか。
余裕があるときは
「いいよ!」と言えて、
余裕がないときは
「いいよ!」と言えない。
そう考えると、
人に何かお願いごとをするときは、
「お願いをするタイミングが重要」
ということになります。
つまり、
相手の心に余裕があるときに
お願いしたほうが、
聞き入れてもらえる可能性が
高いということです。
とはいえ、
相手の心に余裕があるかどうか
なんて分からないよ〜、
という方もいるでしょう。
たしかに、
よほど親しい人であっても、
そのときどきの心模様は
なかなか読めないものです。
であれば、お願いに先立って、
相手の心に余裕を作り出す
アクションを入れると
いいのかもしれません。
◎相手の喜びそうなことをする
◎相手のしていることを手伝う
◎ねぎらいの言葉をかける
◎楽しい話をして笑わせる
◎相手の興味のあること
(モノ・話題)を提供する
……などなど、
方法はさまざまでしょう。
コミュニケーションは
一方向ではなく、
常に双方向です。
頼み事であればなおさらのこと。
相手の気持ちを無視しては、
「ムリ!」「ノー!」「嫌だ!」と
言われかねません。
相手の心に余裕を作り出すために、
先に与えられるものはないか?
頼みごとをする前に、
少し考えてみてもいいでしょう。
※・※・※・※・※・※・※・※・※・※・※・※・※・※・※
◎仕事・ブランディングにブログを活用しよう
投稿添削特典付き(21日間)の文章スクール
↓ ↓ ↓ ↓ ↓
山口拓朗ライティング塾

◎執筆、講演、取材の依頼はお気軽に
↓ ↓ ↓ ↓ ↓
お問い合わせ
★中学生にも分かる! 「ダメな文章」が「伝わる文章」に変わる!
【絶賛発売中】山口拓朗著
伝わる文章が「速く」「思い通り」に書ける 87の法則 』(明日香出版社)
★会話力・コミュニケーション力を高めたい方へ
【好評発売中】山口拓朗著
どんな人ともドギマギせずに会話がふくらむコツを集めました! 』(三笠書房)
★ベストセラーの電子書籍
【Kindle版】山口拓朗著
ダメな文章を達人の文章にする31の方法 〜なぜ、あなたの文章はわかりにくいのか?〜
★『ダメな文章を達人の文章にする31の方法』の続編
【Kindle版】山口拓朗著
文章が変わると人生が変わる!文章力アップ33の方法〜

記事はお役に立ちましたか?

以下のソーシャルボタンで共有してもらえると嬉しいです。

 ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓
Pocket